初音ミクみく

VOCALOIDに何気に関連しそうな情報をまったり収集していたアーカイブサイト!

もしかして「がくっぽいど」ってマジ?!とささやかれている件について

誰が「4月1日はウソをついてもいい日」と決めたのか知らないが、2008年4月1日に「ニコニコニュース」として掲載された「スクープ!男性大物アーティスト版のVOCALOIDを開発中」という記事が、本当ではないかとささやかれ始めているようだ。そもそもの記事は次のとおり。

ニコニコニュース「スクープ!男性大物アーティスト版のVOCALOIDを開発中」

YAMAHA株式会社の音声合成エンジンVOCALOID2を使った新しいソフト「がくっぽいど」が、株式会社インターネットによって開発中である事が判明しました。

ソフトの音声データ作成には、アーティストのGacktが協力。

発売は5月の連休明け頃と見られます。


状況的には、4月1日の記事であること、そのときのサイトが「ニコニコ動画2.0(笑)」となっていたこと、名称があまりに滑稽なことから、エイプリルフールネタだろうと受け止めた人も多いと思われる(ていうか自分がそう思った^^;)。

GIGAZINEでも本件をエイプリルフールネタとして紹介している
GIGAZINE「続・エイプリルフールに便乗しているサイトまとめ2008年版」

しかし、再度確認してみると、2008年4月2日になっても同ページの記載内容に変化なし(むしろ「ニコニコ動画2.0(笑)」の画像が消えてしまっている)。また、ウソだとすると、インターネット株式会社、YAMAHA株式会社、Gackt氏など、固有名詞を使用するのは、いかにもハメをはずしすぎだ。ちなみに、「インターネット株式会社」は、音楽ソフトも発売しているれっきとした会社であり、ヤマハがクリプトン以外にVOCALOID2エンジンをライセンスしても不思議ではない。ついでだが、Gackt氏のガンダム好きは有名だ(これは関係ないか^^;)。

株式会社インターネット
Gackt.com
ASCII.jp「ニコニコムービーメーカーが、動画編集に対応しない理由──インターネット村上社長に聞く(前編)」

そのような理由から、これは本当のスクープかもというわけ。ちなみに、これについてITmediaがニワンゴに聞いてみたところ、「インターネットに聞いて下さい」という返事で、インターネットに聞いてみると「ノーコメント」だったそうな。株式会社インターネットが「ニコニコムービーメーカー」を開発している会社というのが気になる点だが(だからこそ情報が早く得られた可能性も)、果たして真相やいかに

ITmedia「あのGacktがVOCALOIDに?」

↓良識あるエイプリルフールネタの例
窓の杜(やしろ)「デスクトップ漫才ソフト「ボーケロイド」の魅力に迫る」


オマケ
wikipedia「エイプリルフール」

本当のエイプリルフールネタはこちら
ITmedia「今年もやり過ぎ!? Googleも初参戦 日本「エイプリルフール」ネタバトル」

こんなボーカロイドネタがあったとはww
グレゴリオ聖子


関連ページ
出た!「ニコニコ動画2.0(笑)」にVOCALOID2のスクープ! twitterを見る [初音ミク-音楽] 2008/04/02(水) 17:04:41 | 定点観測 | コメント:1








え---------------------
もし本当ならとても宣伝がウマイって事だ。
ニコニコ動画なら購買層率高いし・・・
@ピザは本当だし(ポップアップ広告を阻止してる設定だと出ないので本当だと知らない人がいる)どうなんだ
  1. 2008/04/02(水) 19:11:50 |
  2. URL |
  3. 12m #nLnvUwLc
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ニコニコ動画の時報がGacktだった件

 深夜に流れていたニコニコ動画の時報。わたしは聴いてないんですけど、Gacktだ
  1. 2008/05/01(木) 11:05:46 |
  2. CloseBox and OpenPod

ブログパーツ
PR: アクセストレード無料をモットーに躍進します。