初音ミクみく

VOCALOIDに何気に関連しそうな情報をまったり収集していたアーカイブサイト!

NTT ATの「ワンダーホルン」というボーカロイド風ソフトを試してみたヨ

現在、クリプトン社の独壇場のようになっているボーカロイドこと「音声合成歌唱システム」だが、他にも実用化されているという情報をいただいた。それが、NTT AT(NTTアドバンステクノロジ株式会社が開発した「ワンダーホルン」。よくよく見てみれば、これは以前紹介した、歌詞を入れると歌付きの動画が作成される「歌え!ルーツのんでゴー!」で使用されている音声合成エンジンが使われているシステムらしい。知ってる人も知らない人も、次のページへ行って「プレイ」ボタンを押してみてほしい。以前自分が適当に作ったデータだが、かなりの歌いっぷりに驚くのでは?

歌詞を入れると動画ができる「歌え!ルーツのんでゴー!」

「ワンダーホルン」システムは実は企業向けといった感じで、開発キット「ワンダーホルンSDK」が30万円、「歌声合成用データベース」が3万円、「歌声合成用データベース作成」が60万円、「歌声合成サーバ構築」が150万円というオーダー。オリジナルの歌声音声用データベースが作れるのは興味深いが、いち個人が手を出せるしろものではない。

うたばら.com
ワンダーホルンを使ったWebサービスサイト
NTT AT「ワンダーホルン概要」

しかし、そんな製品ラインナップの中に、「歌声合成用MIDI編集ツール ワンダーホルンStudio」なるエディタを発見。値段が3万円程度であり、また幸いにして試用版も公開されている。外観がまるでVOCALOIDエディタみたいなこともあり、ちょっとおもしろそうに見えてきたので、さっそく使ってみた。ちなみにリリース日は2006年3月29日らしく、KAITOのリリース時期(2006年2月)の少し後。漫画でありがちな、永遠のライバル的な因縁を期待したいが、それは無理か。w

起動画面が次で、これを見る限り、マジVOCALOID2エディタみたい。しかし、いきなりつまづいたのは音符(ノート)入力がでいないこと。まず前提として、このソフトではピアノロールによるノート入力はできないようだ。ではどうするかというと、別ソフトでmidiデータを作っておき、それを読み込む。すると、音の高さを通過する周波数グラフが自動生成される。あとは、この周波数グラフを編集するいった考え方になっている。ちなみに、VOCALOID2エディタを使っている人が思いきり幻滅するのが、ノート編集が面倒なこと。VOCALOID2エディタならドラッグによって音の高さを変えたり、音符の長さを変えたりが簡単だが、このソフトではドラッグ操作がほとんど使えない。音の高さ調節は右クリックメニューで半音(もしくは1オクターブ)ずつしかできないし、音の長さを編集できるのは、隣接するノートの音の高さが同じときだけ、といった感じだ。



周波数グラフの編集方法は大きくわけて、描画モードと編集モードがある。描画モードでは、文字通りフリーハンドで周波数ピッチを描いていく。一方の編集モードでは、2点間接続やノート間接続などで、指定箇所を自動補間できる。おもしろい機能としてはこの周波数グラフに対してテンプレート(右に並んでいるパターン)が適用できる。テンプレートには、ビブラートやしゃくり、こぶし、といったものが用意されている。また、テンプレートに対してユーザーが好きな範囲を登録することも可能だ。このあたり、VOCALOID2エディタでも実現してくれたら便利かも。

お次は歌詞入力。歌詞は、音単位での入力もできるし、全体を通しての流し込みもできる(というか考え方は流し込みなので、どこかの語を削ると全体がずれるが)。では、1音に複数の言葉が乗るときはどうするか。そのときにはノート分割をする。このあたりはしたの画面をみてほしい。あと、ついでだが、歌詞として「無音」(表示は「っ」)を選択すると、次の音の始まりで必ずブレス(息継ぎ音)が入ったりするようだ。w

ワンダーホルンで作った「森のくまさん」(mp3)
「ぴょこぴょこ」という音は試用版に入るノイズでつ。^^;
聴けない人は右クリックでファイル保存してみて
ワンダーホルンで作った「森のくまさんの4人合唱」
作り忘れてたので追加。合唱を簡単に作れるのは便利だ

てなわけで、全体的な感想として、エディタとしての使い勝手はVOCALOID2エディタのほうがよい(要領を得ればこれはこれでおもしろくもあるが^^;)。やはりノート編集が自由にできないのは痛い。また、このソフトでは、再生モード、周波数描画モード、周波数編集モードなどがあり、たびたび切り替えが必要。これもVOCALOID2エディタに慣れていると面倒だ。あと、初めて使うと、「再生」ボタンを押しても声が出なくて戸惑うはず。実は、音の再生には、あらかじめ範囲指定をして音声合成しておく必要がある(右クリックメニュー)。このあたりが改善されれば、本ソフトの印象もだいぶ違ったものになるハズだ。

良い点としては、音声合成エンジンとしてのクオリティーはVOCALOIDに引けをとっていないと思われ。けっこう発音は明瞭。ちょうどサンプルとして入っている音声データベースがMEIKOに近いので聴き比べてみるとよいかも。まだ説明していない機能としては、伴奏データ(WAVデータ)の読み込みができる。伴奏と音声の音量の調節や、遅延の度合い、開始位置の指定も可能。ユニークな機能としては、合唱機能がある。これは人数、音程のずれ、リズムのずれ、声質のずれを指定することで、超お手軽にコーラスを実現できるという機能。レンダリング時間は余計にかかるが、なかなか便利かも。

てなわけで、センスある人がプロデュースしてユーザーインターフェイスやエディタ性能を改善し、さらに価格を下げたりしてくれればおもしろくなりそうだが、そういう発想をする会社ではないでつか^^;

1. まず「ファイル」「開く」でmidiデータを読み込むわけだ

2. 歌詞がないと歌わないので、とりあえず歌詞を入れるわけだ

3. 文字単位の歌詞入力も可能なわけだ

4. 1音に複数語が乗る場合は右クリックメニューでノート分割するわけだ

5. 再生にはまず「合成」する(範囲選択したときはノート以外の部分を右クリック)

6. 描画モードにすると周波数のピッチが描けるわけだ(やりすぎに注意w)

7. 編集モードでも周波数のピッチ調節ができるわけだ

8. 合唱指定で即席コーラスも作れるわけだ

疲れたわけだ。onz...
なお上記に間違いがあったらスマソです^^; twitterを見る [初音ミク-音楽] 2008/03/30(日) 04:40:09 | ツールネタ | コメント:5








管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/03/30(日) 05:10:57 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

ボーカロイドを使える職人のレベルがあがってるので
ワンダーホルンStudioも仕えこなせる。
3つのモードの使いこなしもDTMマガジンに特集して
宣伝すればいける。

いろいろ可能性あるのだが問題はNTT
巨大企業にありがちな腰の重さは話を進みずらくしてる。
アキバ系へのアピールや萌え声キャラに宣伝の仕方などいろいろプロデュースしなければならない
のを面倒くさがるばかりか、ミク大ヒットといっても
三万超える数の売れ方だからどうしても魅力ある市場とみないだろうな。
NTTに豚も木登りどころか空を飛んでくれるような
メールをみんなで送ってみたらどうだろうか。
  1. 2008/03/30(日) 10:11:00 |
  2. URL |
  3. 12m #nLnvUwLc
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/03/30(日) 13:10:48 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/05/06(火) 00:20:29 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

>今頃になって遅いとは思うんですが、『ボーカロイド』はヤマハの商標なので、"ボーカロイドを試してみたヨ"は不適切だと思います。"歌声合成ソフトウェアを試してみたヨ"に直して欲しいです。

遅くないですよ。ご指摘thx^^。この件については分かっていましたが、もはや誤解されることもあまりないと思い「三菱のシャーペン」みたいな感じでレトリックとして使用してみました。とりあえず、「ボーカロイド風」としてみましたので、さらにご指摘あればよろしくです。
  1. 2008/05/06(火) 16:17:59 |
  2. URL |
  3. ぼ #JalddpaA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


ブログパーツ
PR: アクセストレード無料をモットーに躍進します。