初音ミクみく

VOCALOIDに何気に関連しそうな情報をまったり収集していたアーカイブサイト!

「人力VOCALOID×宇多田ヒカル」による「歌に形はないけれど」が投稿

先日ニコニコ動画に、宇多田ヒカルさんの声を切り貼りした人力VOCALOID動画「【人力VOCALOID×宇多田ヒカル】「ココロ」」が投稿され、宇多田ヒカルさん本人が反応する騒ぎとなっていたが、情報によれば、同じ作者による第二弾「歌に形はないけれど」(doriko氏曲)が投稿されているもよう。前作にもまして胸を打つらしいので、興味ある人は視聴してみて^^

【人力VOCALOID×宇多田ヒカル】「歌に形はないけれど」


前作はコチラ
【人力VOCALOID×宇多田ヒカル】「ココロ」


関連ページ
宇多田ヒカルさんの人力VOCALOID動画に本人も感心しているらしい件 twitterを見る [初音ミク-音楽] 2011/04/14(木) 18:06:14 | ニュース | コメント:3

「宇多田ヒカルさんの人力VOCALOID動画に本人も感心しているらしい件」
リンク間違った?
  1. 2011/04/14(木) 19:42:36 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

> 「宇多田ヒカルさんの人力VOCALOID動画に本人も感心しているらしい件」
> リンク間違った?
修正しますた。ご指摘thx^^
  1. 2011/04/15(金) 01:42:44 |
  2. URL |
  3. ぼ #-
  4. [ 編集]

ボイシングとシンギングの形が決まっているボーカリストであれば、単純に歌声抽出して→切り貼りして→UTAU使って・・・という方法でこういうこともやりやすいかも。(楽曲のキーがボーカリストの得意な声幅の部分に合ってないと基本ダメってのはある)
この「ボイシングとシンギングの形が決まっている」ってところが実はボーカロイドにはない点。だから棒歌いになりやすい。それが「機械らしい歌声で個性的」ってことでボーカロイドの魅力なのだけれど。
シンギングはボカロPにお任せするのがボーカロイドのむしろ役割。調教とか調声というのがそれにあたる。ボイシングについてはせいぜい声質別のボイスデータベースを選んで使う、というだけにとどまる。
でもそろそろこれらの点をなんとかする段階かも。どうにかしてボーカロイドもある程度のボイシングとシンギングの形を決められる機構を持たないと。
このUTAUヒカル(と勝手にネーミングしてみた)の試みはそんな感じで今後のボーカロイドへの新しいヒントとして参考になる気がする。
剣持さんはどう考えているのかな、ちょっとその辺の要望とか連絡取りたいのですけど。ヤマハのボーカロイド開発のアイデアはどちらへすれば?てか外部から受け付けるのかなそういうの。剣持さんどうなんでしょうか。
  1. 2011/10/02(日) 10:04:47 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #1DUoYx82
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する