初音ミクみく

VOCALOIDに何気に関連しそうな情報をまったり収集していたアーカイブサイト!

出た!リップシンク対応の3Dミクを躍らせるツール「MikuMikuDance」

情報によれば初音ミクの3Dモデルを手軽に躍らせることのできる「MikuMikuDance(ミクミクダンス)」というすごいツールが突然現れたもよう。リップシンクツール自体はいくつか登場しているし、3Dモデルと連動しているツールもなくはないが、「MikuMikuDance」の使いやすさ(ユーザーインターフェイス)は、それらを凌駕する出来栄えのようだ。とりあえず機能や使い方は、説明動画を見れば一目瞭然。

3Dミクを躍らせるツールを自作してみた(説明前編)


3Dミクを躍らせるツールを自作してみた(説明後編)


VPVP(VocaloidPromotionVideoProject) ←「MikuMikuDance」公式サイト
ミクミクダンスの特徴

1.モーション作成/再生時にリアルタイムレンダリング
2.wavファイルと同期しながら作業できる
3.aviファイルを背景に表示しながら作業できる
4.vsqファイル読み込みによるリップシンクに対応


ちなみに作者は、以前「『ハレ晴レユカイ』を踊ってみた(初音ミク)」という動画を公開しており、そのときに「3Dムービー作るのがこんなに大変だとは知りませんでした」と吐露していることから、それが理由でツール製作していると思われ。

『ハレ晴レユカイ』を踊ってみた(初音ミク)

実際にプログラムを実行すると、画面に初音ミクの3Dモデルが現れる。手順としては、まず動かしたいボーンを選択し、実際にマウスでポーズを決めてから、それをキーフレームに登録していくという感じ。あとはaviに吐き出すことで間が補完された滑らかなアニメーションを得ることができる。なお、ボーンは頭からつま先まで個別(あるいは複数)に選択できるし、さらに表情や「あいうえお」などのクチパクも可能。クチパクに関して言えば、前述したように、vsqファイル読み込みによるリップシンクにも対応している。

なお、「MikuMikuDance」はモーション作成用のツールなので、照明やカメラワークのフレーム登録には対応していないのだが、これについては「VocaloStage」という別のPV作成ツールが現在開発中らしいので、これは是非とも楽しみに待ちたい。それまでは、本ツールでモーションをつけるためのスキルを十分身につけるべし!

初期状態のポーズ

先端を持ったり(IKボーン)、回転を指示してポーズがつけられる
twitterを見る [初音ミク-音楽] 2008/02/25(月) 01:38:04 | ツールネタ | コメント:0








コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


ブログパーツ
PR: アクセストレード無料をモットーに躍進します。

FC2Ad