初音ミクみく

VOCALOIDに何気に関連しそうな情報をまったり収集していたアーカイブサイト!

Perlを使って「初音ミクに喋らせてみた」の新verを使ってみたョ!

「人生は是勉学の事」さんが、Perlによるテキスト→vsq生成スクリプト「miku_talk」を公開しているが、その新バージョン(miku_talk012)が公開されたので使ってみた。ちなみに、前バージョンではスクリプト内に記述されたテキストが対象だったが、新バージョンでは外部テキストを指定できる。つまり、即席で、VOCALOIDによるテキストの読み上げができるってわけ。

人生は是勉学の事「初音ミクに喋らせてみた(Perl版012)」

ただし、このスクリプトを使用するのには、ちょっとした壁がある。それは、実行するために次のいくつかのインストールが必要なことと、操作の大部分をWindowsのコマンドプロンプト(DOS)環境で行う必要があるってこと。幸い、インストールに関しては添付のreadme.txtにすっきりとしたものが記載されているので不安はあるが挑戦してみた。


ActivePerl 5.8.x …Perlの処理系
MeCab-096.exe …漢字仮名混じり文をひらがな変換するための処理系
Midi-Perl …PerlでMIDIファイルを扱うモジュール
MeCab-Perl-binding …MecabをActivePerlに組み込むためのおまじない


インストールしてから、何かテキストはと思い、青空文庫から「雨ニモマケズ」(宮沢賢治)の一節を拝借。ここからvsqファイルを生成したのが次。作成されたvsqを開いてみるといくつか漢字の読み間違いはあるものの(ひらがなに直せばよいのだが^^;)、ちゃんと演奏できた

青空文庫「雨ニモマケズ」(宮沢賢治)

雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
 :
(略)
 :
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ


コマンドプロンプトで生成

 :


出力データをVOCALOIDで読み込み


生成されたデータは、音が全部つながってたので、2行ばかり書き換えて、音どうしを離してみたのがこれ。一括変換はこういうことができるのがメリット。



最後に、再生時間を短くするために、VOCALOIDエディタでテンポを倍の240に修正。これをWAV→mp3に変換したのが次。短時間でここまでもってけるって、すごーい。長文の読み上げデータが簡単に作れそうでつ。

初音ミクの高速朗読「雨ニモマケズ」


関連ページ
出た!Perlを使って「初音ミクに喋らせてみた」の新バージョン! twitterを見る [初音ミク-音楽] 2008/01/04(金) 11:49:48 | ツールネタ | コメント:0

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する