初音ミクみく

VOCALOIDに何気に関連しそうな情報をまったり収集していたアーカイブサイト!

出た!実は「VECapture」がwaveへのレンダリング機能を実装済み!

「VECapture」といえば、「LipSync」の中の人によるオリジナルVOCALOIDエディタであり、2008年10月08日に当サイトで紹介した記事では「「音声を出す」という肝心の機能が実装されていないと思われるので」と記載したのだが、どうやら間違いだったもよう。本情報についていち早く察知していたzhuowareさんによれば、「VECapture」のサイトに「waveへのレンダリングが出来ます」という一文があるとのこと。うええ。

zhuoware「VSQEditor "VECapture" 情報」
Boare @ ウィキ「VECapture」

そこで早速、「VECapture」を起動し、VSQファイルを読み込み、[トラック]-[現在のトラックを合成]を実行。これで、「temp」フォルダに、1.wavというファイルが生成。「VECapture」の再生ボタンをクリックしてみると、ちゃんと音声が再生されることを確認(音声は、うちのPCでは、鏡音リンっぽい)。プログラム的には、まだいろいろな問題が残されているような感じではあるが、まさかwaveレンダリングが実装されていたとは…。

ちなみに、最新バージョンの「VECapture version 1.1a1」では、やはりVOCALOID2がインストールしてあるマシンで実行すると、初回に各音階ごとの「あー」というWAVデータが「cash」フォルダに生成。VECaptureのピアノロールをクリックすることで、プレビュー再生されるようにもなっている…というわけで、部分的なwaveレンダリングなどにも対応すれば、正規のVOCALOID2エディタ以上に使いやすいツールに化ける可能性も(何せ、複数回のアンドゥに対応^^)。zhuowareさんが言うように、「これはすごいことになってきました!」…かもさ。

[トラック]-[現在のトラックを合成]を選択すると…

waveレンダリングが実行。再生ボタンで実際に音声が出る。すげえ。



関連ページ
オリジナルVOCALOIDエディタ「VECapture」が着々とバージョンアップ
twitterを見る [初音ミク-音楽] 2008/10/16(木) 22:46:03 | ツールネタ | コメント:0

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する