初音ミクみく

VOCALOIDに何気に関連しそうな情報をまったり収集しているアーカイブサイト!

ボカロ夜話:すべてがミクになる

■ボカロ夜話:すべてがミクになる

深夜、ふいに身体を揺り動かす手があった。うながされ、眠たい目を開けたのは、まだあどけい少女だった。

「ん…どうしたのパパ」
「ごめんね、ちょっと起きてくれるかい」

そう言うと、父親は娘を抱きかかえ、リビングのゆったりしたソファーに座らせた。

「今日はね、とっても大切な日なんだよ」

部屋は薄暗く、空間投影されたディスプレイだけがほのかにまぶしい。そこでは特別番組が放送されていた。画面には数字が表示され、次第に数を減らしている。父親が言った。

「むかーしね、歌の女神さまが生まれたんだ。それをこれからみんなでお祝いするのさ」

そして、ついにカウントダウンしていた数字がゼロになると、盛り上がりが頂点に達し、突然ツインテールの女の子が、ニッコリとした表情でディスプレイいっぱいに現れた。

「あ、この人知ってるよ。ええと…」

少女が答えを見つける前に、ツインテールの女の子がディスプレイから(最新の映像技術により)飛び出してきた。そして、ひとしきり部屋の中を自由に飛び回ると、少女の前に躍り出し、ティンカーベルのようないたずらな目を向けた。少女は少しばかりびっくりしたが、すぐ嬉しくなって、ご挨拶をした。

「こんにち…わ」

ツインテールの女の子が、やや甲高いトーンで応えた。

「はじめまして。うふふっ」

やがて、どこからともなく流れてくるメロディー。少女はその曲を知っていた。なぜなら、お遊戯の時間に教えてもらっていたからだ。前奏が終わり、ツインテールの女の子が息をすぅーっと吸い込み、歌いはじめると、つられて少女も一緒に歌い出す。

「みなもーにゆれるーこもれびのなか…」

ディスプレイには、世界各地(月や火星も)の、お祭りの様子が順繰りと映し出されていた。どの場所でも、数えきれない人々の真ん中で、ツインテールの女の子が優美な動きを披露していた。そして、特に少女が見とれたのは、人々が振っているスティックの光が、大きなうねりがとなって繰り広げられている、稀に見る美しい光景だった。

父親は、少女に小さな"柄"を手渡した。底をタッチすると反対から緑色の光が伸び、同様なスティックになった。スティックの周りでは、次々と「オメデトー」「メデタイ!」といった文字がくるくる回り、しばらくきらめいては消えていく。父親と娘は、世界中の人と喜びを分かち合い、この1万年に一度のお祭りを楽しんだ。

父親が尋ねた。

「この、おうた好きかい」
「だーいすき。ええと、セツナイうたなんだって」

「この青い髪の女の子もかい」
「うん、好き! あっ、思い出した…ミクちゃん」

父親は嬉しそうにうなずき、娘の頭をやさしく撫でた。

ときに西暦3939年3月9日3時9分の出来事だった。

※この物語はフィクションです。 twitterを見る [初音ミク-音楽] 2013/12/31(火) 23:55:57 | ニュース | コメント:4










(管理人を)みっくみくにしてやんよ!
  1. 2014/01/01(水) 20:03:22 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

(管理人を)みっくみくにしてあげる!
  1. 2014/01/01(水) 20:03:37 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

本当にこうなったらいいのにな・・・
  1. 2014/01/03(金) 11:20:20 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

最近の女性自身でのミクさん関連記事↓

初音ミク生みの親 藍綬褒章の受賞で「親孝行できた」【初音ミク】
ttp://jisin.jp/news/2611/6530/

初音ミクがパリの街角に現れた!
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131112-00010004-jisin-ent
  1. 2014/01/04(土) 23:23:25 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #/tHegQEg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


ブログパーツ
PR: アクセストレード無料をモットーに躍進します。