初音ミクみく

VOCALOIDに何気に関連しそうな情報をまったり収集しているアーカイブサイト!

出た!マイナスP氏の楽曲「先生と少女騒動」が小説化

ボカロなサークル「ワンダフル☆オポチュニティ!」マイナスP氏による楽曲「先生と少女騒動」シリーズについて、情報によれば小説化が決定したもよう。執筆は、小説「吉原ラメント」を手掛けていた美雨季氏となっているようだ。楽曲のファンはチェックしてみて。

WONDERFUL★OPPORTUNITY!「小説「先生と少女騒動」情報&予約開始」
2014年01月01日発売予定
楽天「先生と少女騒動(角川ビーンズ文庫)」(著:美雨季、イラスト:domco.、原案:マイナスP)
アマゾン「先生と少女騒動(角川ビーンズ文庫)」(著:美雨季、イラスト:domco.、原案:マイナスP)


「昔、あの旧校舎で、女生徒が亡くなる事件がありました」加々峯リンは、旧校舎でメモを見つける。美来からは深入りする事を止められたが、「鏡音蓮の事件」に辿りつき!? 熱狂的なファンを持つ楽曲が小説化!!

モチーフはコチラ
【鏡音レン】先生と少女騒動-第一審公判-【オリジナルPV】

【ボカロ】先生と少女騒動-第二審-「被害者の日記」【PV】


関連サイト
ニコニコ大百科「ワンダフル☆オポチュニティ!」
WONDERFUL★OPPORTUNITY!」(ワンダフルオポチュニティ)公式サイト
twitter「ワンオポ」 twitterを見る [初音ミク-音楽] 2013/12/10(火) 02:14:57 | ニュース | コメント:2










安直な小説化って出版社側にとっては楽に売れるコンテンツとして囲い込めるメリットがあるが
P側から見れば萎縮の形で小説化前提の曲作りしかしなくなって似たり寄ったりのボカロ曲しか出なくなる危険性がある
  1. 2013/12/10(火) 02:41:44 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

そもそもボカロ小説って学園舞台や明確な悪役が設定されたのばっかで似たり寄ったりになってきている
  1. 2013/12/10(火) 22:47:28 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


ブログパーツ
PR: アクセストレード無料をモットーに躍進します。