初音ミクみく

VOCALOIDに何気に関連しそうな情報をまったり収集していたアーカイブサイト!

初音ミクに否定的だったアーティストが「イーハトーブ」を観て涙したらしい件

2013年9月21日(土)に、大阪・オリックス劇場にて、冨田勲「イーハトーヴ交響曲」再演演奏会大阪公演が開催されたようだが、情報によれば、「賢治さんを題材に冨田さんが描いた世界をどうしても生で体感しておきたかった」という奈良在住の音楽ユニット「ユウエイ」氏の感想が掲載されていて興味深いとのこと。それによると、「僕ははっきり言って初音ミクは否定的です。ヴァーチャルで歌わせる技術はすごいけれど、何の意味があるんやろ?」という気持ちで臨んだ同氏が、第二部「イーハトーブ」交響曲で「スクリーンに初音ミクが登場した瞬間、え?何で?ここで?」「涙がこぼれたんです…。」と心揺さぶられたくだりが綴られているもよう。初音ミクの起用を素直に受けいられた人も、懐疑的な人も、チェックしてみて。

ユウブロ「富田 勲×初音ミク〜イーハトーヴ交響曲〜in大阪」

ユウエイweb
twitter「ユウエイ」

関連サイト
「イーハトーヴ交響曲」再演メインビジュアル(イラスト:so-bin)
facebook「冨田勲」

ISAO TOMITA SYMPHONY IHATOV

facebook「冨田勲」

関連ページ
祝!「イーハトーヴ交響曲」がビルボード・ジャパンのクラシックで3週連続1位
出た!NHK BS1「地球テレビ エル・ムンド」の総集編に冨野勲氏が登場
出た!「第51回パイオニアAVセミナー」のゲストに冨田勲氏
出た!ETV特集「音で描く賢治の宇宙 ~冨田勲×初音ミク…~」の再放送
出た!「イーハトーヴ交響曲」(冨田勲)の再演決定
出た!5月4日にNHK Eテレで冨田勲「イーハトーヴ交響曲」の全曲放送
「冨田勲のイーハトーヴ交響曲~初音ミクが歌う賢治の世界~」が放送
出た!冨田勲「イーハトーヴ交響曲」の再演演奏会の詳細が発表
出た!冨田勲「イーハトーヴ交響曲」再演演奏会の花巻公演についての記事
出た!冨田勲「イーハトーヴ交響曲」再演演奏会、花巻公演の映像
祝!花巻市が贈る「第23回 宮沢賢治賞」を冨田勲氏が受賞
出た!今日明日は冨田勲「イーハトーヴ交響曲」東京公演開催日
伊藤氏から「安倍首相夫妻からのお花が届いておりました」という報告
出た!「イーハトーヴ交響曲」東京公演で壁面に投影のサプライズ演出 twitterを見る [初音ミク-音楽] 2013/09/24(火) 09:59:17 | ニュース | コメント:15

その心境の変化はとても興味深い
もちろん涙を流したから肯定に廻るなんてそんな単純なものではないのだろうけどw

俺はミク好きなはずなのに心のどこかで疑問視して嘲笑すらしてるというアンビバレントな感情からは当分抜け出せそうもない・・・
  1. 2013/09/24(火) 10:51:06 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

ミクに死とか、そういう手の届かない、例えるなら冬の夜の満月のような美しいが冷たくもあるイメージを抱いたのかな。イーハトーブの、特に銀河鉄道の夜はそれが顕著に感じられる。
  1. 2013/09/24(火) 11:19:03 |
  2. URL |
  3. kirito #mQop/nM.
  4. [ 編集]

否定的なアーティストって言われても全然知らんし
  1. 2013/09/24(火) 12:26:57 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

イーハトーヴは初演と今年の2回聴いたから、この人の気持ちはすごくよく分かる。テレビで見聞きして分かったつもりで書いてる人も居るだろうけど、ナマで聴くと全然違うんだよね。感動の仕方がさ。

やっぱり冨田サウンドのもつ抜きん出た情景の描写力と、制作に関わった人達の熱意が込められているからだと思う。ミクさん起用したからって、誰でもこうなる筈はないんだよ。
  1. 2013/09/24(火) 12:28:14 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

ちょっと冷静に考えてみたらブログで否定的だと書いたのをここで晒されるのはちと怖いというか何と言うか・・・
  1. 2013/09/24(火) 13:58:58 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

こういう方は多かったみたいですよ。
楽団やコーラスの身内の方なんかも、すごく好反応を示しておられましたし。
ミクさんと冨田先生のタッグは最強でした。
  1. 2013/09/24(火) 20:01:17 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

ただ天言われてんのは伊達や酔狂やないねんで。
・・・マジでホンマモンと見紛う場面があるからなんや。
理屈では説明でけん事がマジで多すぎるねん・・・。
  1. 2013/09/24(火) 23:21:47 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. [ 編集]


このアーティストさん、感受性が“超”豊かですよねww。
聴く前に正解に到達してるww。


イーハトーヴ交響曲の音楽的な表現では、最終の第7楽章冒頭のオケによる描写で前楽章(辛く苦しかった現実の宮沢賢治の人生を担当)のメロディーを変化させていく中で、「解き放されやがて飛翔し消えていく」ような姿を音楽で描き出していて…。

どういう事だか解りますよね。


この序盤の表現の意味が解ると、続く中盤と終盤を併せたミクさんパートの意味にハッと気付き驚かされます。


ミクさんパートは、まず序盤が終ると新たに山のイメージ(『フランスの山人の歌による交響曲』のメロディー)が始まり、一頻り盛上がってやがて落ち着いたところで「種山ヶ原の~」と終盤の合唱部分が始まります。

大事なのはミクさんは合唱が始まるよりもずっと前、山のイメージの演奏開始とと同時に姿を現します。

そう、このアーティストさんが突如直感してしまった“もう二度と会うことのない、会えるはずのない人”の役をミクさんが担って、ただそこ(…つまり、山)に居るのです。

CDの解説で冨田先生が、宮沢賢治自身も風の又三郎やカンパネルラに似てどこか異次元的で、皆の幸せを願い、やがて最愛の妹トシのいる世界へと帰っていきました、といった事を書かれてて、案外お茶目だったであろう妹トシとミクさんのイメージを重ねて捉えてる旨、解説しています。

この大事な映像表現部分があるゆえ、この作品は絶対に映像込みでないと表現が完結しないんですよね。

最終楽章序盤の音楽表現で帰っていく様を、
中盤の映像表現で帰って行った先を描写し、
そして終盤の合唱で私達との関係を…。

冨田先生がトラブルで第3楽章のミクさんの映像が出ないので中断させたのには、作品としての必然性があるんですよね。


また合唱の「種山ヶ原の」のメロディーは第3楽章でミクさんが「キャーッ!♪」の悲鳴で消え去ったあとのオケによる情景描写の中で、イギリスかぶれの紳士達が怪しい猫時空から解放され戻った“日本的な牧歌的日常”の暗示としてワンフレーズ静かに挿入されていましたが、この第7楽章の合唱は、まさに私達の今生きる日常!。

そこにこの世ならざる役を担ったミクさんの歌唱も上のパートで重なって…。



2011年、東北で亡くなった多くの命へのレクイエムであると共に、今生きる私達への冨田先生の思いの詰まった素晴らしい賛歌です。

  1. 2013/09/25(水) 00:22:14 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

ミクさんに対する普通の大人達の評価(偏見、誤解)を、冨田さんは相当正したよね。横浜アリーナで、かなり年配のおばあちゃんみたいな方達を何人も見かけたのは、冨田さんの影響かなと思ったりする。(皇后陛下の影響も?)
  1. 2013/09/25(水) 05:36:40 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]


そりゃそうだ!

別スレで「ある程度以上の年代で冨田さんを知らない人はいないと思うぞ」って書込みがあったけど、冨田サウンド(シンセであれオケであれ)を聞いて育った子供達が伊藤社長と同年代のアラフィフ、

また当時シンセで名が轟いて各所で紹介されたであろうそれまでのオケ曲の名を聞いて「あぁ、あの凄い曲もこのシンセの人が作ってたのか!」と感心したであろう当時の大人達が今や80代。


イーハトーヴ交響曲で表現し得た中身を思うと、あぁ…これはほんとにミクさん無くしては表現し得なかったなとつくづく思う。

そこまで深く聴かなくても、「冨田勲が初音ミクを使った」と聞けば、これは何事かが起きていると思う大人達は多いのですから!

  1. 2013/09/25(水) 07:02:08 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

ミクさんは話に聞いていたり、「曲はよく知っている」とか、「動画サイトでライブ見て知っているよ~」とかで自分では知っていると思っていたとしても、実際に初めてライブで見るとその衝撃とインパクトは物凄い。ボカロのコンサートはそんな感じ。決して侮ってはいけない。知ってるつもりが通用しない。おそらくこのイーハトーヴも。
  1. 2013/09/27(金) 21:37:25 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #WRTzfM.g
  4. [ 編集]

「初音ミク」というキャラクター性に目が奪われがちだけど
時代が大きく変わろうとしている時代に立ち会えるってことは
それだけで魂が揺さぶられること。
この意味を意識して理解している人は少ないかもだけど。

イーハトーヴには冨田さんのミクさんへの愛が溢れている。
そのことも大きく、一番効果的な演出を考えてるはずだ。

東京のサプライズ演出のときに聴いたのだけど
「第5楽章 銀河鉄道の夜」で自然に涙が出てきた。
なんか心の奥にまでミクさんが入り込んで来るんだよね。
人の声にフィルターをかけた蒸留水のような声質だからなのかも。

この曲には初音ミク以外はあり得ないと思った。
  1. 2013/10/04(金) 06:59:53 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

初めは否定的というか、「なんだこりゃ?」的に不気味に感じてた人って結構多いよね。私もそうだったわw
いつのまにかどんどんはまってった。

実在しない者に命を吹き込むなんて日本人らしい
  1. 2013/10/04(金) 23:31:59 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

聞きようによっては
アニメ声。
甲高い子どもの声。
早口すぎて聞き取れない。
人だと思っていたら違っていて不気味の谷に落ちた。

否定する理由はいろいろあると思う。

でも、曲毎に声を合わせ込んだ歌を聴きながら
ノーマルだけでない多彩なモジュール(衣装)で動く姿を見ると
印象が変わるんだよね。

まだライブを見たことがない人は
ロサンゼルス公演の
「MIKUNOPOLIS in LOS ANGELES “はじめまして、初音ミクです”」
を最初に見た方がいい。
アメリカ公演に備えて感謝祭のCGをよりライブ向きにブラッシュアップし
観客が飽きないように短め(約80分)にしてある。
実はこれが後で「短過ぎ」と批判の的になったり。
それだけ現地の人が楽しめたってことなんだよね。

初めての人は
たぶん想像していたのとは違うんじゃないかな。
  1. 2013/10/05(土) 05:21:57 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

人の歌を聴いて涙したことなかったのに
ボーカロイドの歌で涙が出てくるって何が違うんだろうなあ。

ココロとか1/6とかってじわじわ目が滲んでくる。

音声合成ソフトだとかCGだってのはわかっているのに。
  1. 2013/10/06(日) 06:24:52 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する