初音ミクみく

VOCALOIDに何気に関連しそうな情報をまったり収集していたアーカイブサイト!

「MUSIC MAGAZINE 2013年 10月号」に特集「10年目のボーカロイド入門」

2013年9月20日に、「MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2013年 10月号」が発売予定となっているが、情報によれば、そこに特集「10年目のボーカロイド入門」が掲載されるもよう。ボーカロイド入門記事の他、「livetune、家の裏でマンボウが死んでるP、じん(自然の敵P)、八王子P(鈴木隆詩、ふくりゅう、宗像明将)」らへのインタビューもされているようなので、興味ある人はチェックしてみて。

楽天「MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2013年 10月号」
アマゾン「MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2013年 10月号」


【特集】 追悼 山口冨士夫
8月15日、山口冨士夫が死んだという情報が広がっていった。2007年から体調を崩していたが、福生の路上でアメリカ人に突き飛ばされ、脳挫傷が死因だと報じられると、驚きと、悲しみと、やりきれない思いがファンを包んだ。ザ・ダイナマイツ、村八分、裸のラリーズ、ティアドロップス、ソロ、そしてたくさんの参加作。表舞台から姿を消したかと思えば、また現れる。ロックンローラーとして、その演奏と佇まいは多くの人をひきつけた。哀悼の意を込めて、その軌跡を振り返ります。

■ 福生のライヴハウスからの帰路のできごと~山口冨士夫の不慮の死(志田歩)
■ ヒストリー~幾多のバンドを組み、転がり続けた音楽人生(前田栄達)
■ ディスコグラフィ~ザ・ダイナマイツ、村八分、ティアドロップス、ソロ(森サリー)
■ そのほかの参加作(前田栄達)
■ 音楽論~人生すべてが、ドキュメンタリーでありライヴだった男の音楽(行川和彦)

【特集】 10年目のボーカロイド入門
音声合成ソフト=ボーカロイドが2003年にヤマハから発表されて今年で10年。可愛らしいキャラクターに自作曲を歌わせてニコニコ動画などに投稿し、ネット上で話題を呼んできたプロデューサー=ボカロPと呼ばれる人々の作品が、近年次々とメジャーのレコード会社から発表されるようになった。才能のある若手のクリエイターはボカロPに集まっているといっても過言ではない現在、音楽好きの本誌読者にその魅力をお伝えすべく、特集をお送りします。

■ ボーカロイドはいかにして“歌うキャラクター"となったか(谷口文和)
■ ボーカロイドには、何ができる?~いまさら聞けない仕組みと特長(キャプテンミライ)
■ ボカロPインタヴュー~livetune、家の裏でマンボウが死んでるP、じん(自然の敵P)、八王子P(鈴木隆詩、ふくりゅう、宗像明将)


□ 安藤裕子~デビューから10年目の新作(かこいゆみこ)
□ ヨーコ・オノ~新作を語る(和久井光司)
□ ボブ・ディラン~ブートレッグ・シリーズ第10弾(五十嵐正)
□ オリヴァー・ムトゥクジ~ジンバブウェの“太陽"(荻原和也)
□ 鈴木慶一(村尾泰郎)
□ ユーカンダンツ(吉本秀純)
□ マリアナ・バラフ(栗本斉)
□ スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド(各務美紀)
□ ROVO and System 7(松山晋也)
□ ゲイリー・ニューマン(安藤優)
□ C2C(高橋修)
□ W.C.カラス(山本慎也)

Tune In!
◇ Perfume
◇ モービー
◇ ヴォルケーノ・クワイアー
◇ マニック・ストリート・プリーチャーズ
◇ エミリアナ・トリーニ
◇ マーク from GARO
◇ 中田裕二
◇ 流田Project
◇ キリンジ
ほか

twitterを見る [初音ミク-音楽] 2013/09/13(金) 02:56:09 | ニュース | コメント:2

山口冨士夫さんの件、とても残念です。福生という街は私も好きな方なので、本当にそういう意味でも残念。
ご冥福をお祈りいたします。
同時に山口さん、できればどうか天国で音楽の神様になってください。日本に音楽のヒーローがいた事、忘れません。
  1. 2013/09/14(土) 23:00:01 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #pEMkuyZI
  4. [ 編集]

遅ればせながら一通り見てきました
取り上げるのはメジャーに行ったボカロPばかり、
ミクさんはじめとする各ボーカロイド、舞台のニコニコ動画、クリプトンやピアプロなど重要な会社、サイトへのつっこんだ言及はなし、
という「とても充実した特集」でしたw

ボカロpインタビュー、キャプミラPのボカロ解説は良くも悪くも、音楽誌のボカロ特集の定番定食、という感じでした
谷口氏のボカロ論には多少の新味を感じました
(ボカロを肉体から切り離された歌声、という観点から見るのはあまり見ない着眼点かと)
が、これだけのためにレジへ、というものでもないかと

一番の見所はこの程度のブツwo…もといこの特集を「コアなボカロ特集」と自画自賛している編集後記でしょうかw 
最近笑っていない方は是非御一見をw
  1. 2013/09/29(日) 15:05:27 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #6b2nZk.k
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する