初音ミクみく

VOCALOIDに何気に関連しそうな情報をまったり収集していたアーカイブサイト!

初音ミクにしゃべらせる基本

歌は得意な初音ミクだが、流暢にしゃべらせるのはちょっと難しい。音階だけでしゃべらてみても不自然だ。そこで、一番簡単だと思われる初音ミクをそれなりにしゃべらす方法を紹介してみたい。方法はピッチベンドで抑揚を表現するだけ。ピッチベンドというのは、音階を滑らかに変化させるための機能。

サンプル「あーそうか、あたまいいな」
正直、へたかも(^^;)

1. 言葉を入力する
まず、しゃべらすセリフをピアノロールで入力する。このとき、単純に言葉の長さのデータを入力すればよし。音階は全部同じでOKってことです。勝手につくビブラートは全部オフにしといたほうがいいと思う。ちなみに音階を一定にしているのは、音階を変えながらのピッチベンド調節をすると絶対訳が分からなくなるから。

初音ミクをしゃべらす


このときの音声は当然こんな感じ

2.パラメータのPBSを設定する
PBS(ピッチベンドセンシビティー)を一定の高さで設定する(これも一定にしたほうが混乱しないから)。画面右下のPBSをクリックしてから、ラインツールでセリフを入力した範囲を下の画面の水色部分のようにする。ちなみにこのパラメータはピッチベンドの変化の度合い(変化する幅)を設定するもの。低くしておくとピッチベンドを最大にしても上下に数音階までしか変化しないが、高くしておくとピッチベンドを最大にすることで1オクターブぐらいの変化する。

ただし、あまり高くするとピッチベンドの変化の幅は広くなるが、変化が荒くなり(分割する値は同じだから)、ちょっと電子音ぽくなりがちになる。逆に低いとピッチベンドの変化の幅が狭いものの、滑らかに変化させることができる。そのあたりを考えて、ほどほどに調節する必要があるパラメータなんである。

初音ミクをしゃべらす


3.パラメータのPITを設定する
最後にPIT(ピッチベンド)を言葉の抑揚に合わせてペンツールで下画面の山谷の部分のようになぞっていく。かなり繊細な作業なので何度も試しながら調整するしかない。ちょっと大げさに抑揚をつけたほうがいいかもしれない。

初音ミクをしゃべらす


まあ、大変だけどやってみて。 twitterを見る [初音ミク-音楽] 2007/09/29(土) 02:10:31 | 使い方 | コメント:0








コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


ブログパーツ
PR: アクセストレード無料をモットーに躍進します。

FC2Ad