初音ミクみく

VOCALOIDに何気に関連しそうな情報をまったり収集していたアーカイブサイト!

「立体ミク大型化戦争」の流れがやってきた件について

2008年7月13日あたりから始まった、「はちゅねミク小型化戦争」だが、まず現状では、平面版は0.2mm(200ミクロン)まで小さくなったようだ。また、その後主流は「立体はちゅね」へと移行し、こちらも現在は2mmサイズの作品が登場したようだ。なんという技術力。

ニコニコ動画「はちゅねミク小型化戦争」タグ

平面はちゅね暫定1位
200ミクロンはちゅね


立体はちゅね暫定1位
2mm立体はちゅね??ライバルは過去の自分だ?


ことの経緯はコチラ
プロジェクトX?はちゅねミク小型化戦争


で、この後はどうなるのかと思ったら、今度は大型化を目指す動きが出てきたもよう。「立体ミク大型化戦争」というタグも登場し勢いづいてきたかも。ちなみに、大きいといえば、平面だと「作ってみた」の御社の作品、立体だと台湾で作られていた立体はちゅねがかなりのサイズだったはずだが、残念ながらこれらは手を振っていないのだった。果たして手を振る最大の立体はちゅねはどこまでいくか。乞うご期待!^^

ニコニコ動画「立体ミク大型化戦争」タグ

言いだしっぺの動画
全力全開!! だけど5mmのはちゅねさん


現在は314mmが最大となっている
314mm立体はちゅね ?ミクがでっかくなっちゃった!!


参考
御社の巨大はちゅね。大きさなら現在最大級。「手は振れるのはないか」とご指摘をいただいたが、「自動制御」ではないということで^^。御社がギミック入れて参戦してきたらヤヴァイでつ。w

作ってみた その7


台湾で作られた巨大はちゅねが見れる動画はこちら

12月22日に台湾の中央大学に行ってきました【本編】


追記
おお、これは気付かなくてスマソです。なんと、「立体ミク小型化戦争」タグを作成したかたが、まとめブログを作っているようでつ。こちらにはレギュレーション(規則)も掲載されてまつ。レギュレーションは、ニコニコ大百科でもまとめられているので、この話題をより楽しむには、一読しておくべし。

ミクとかレンとかリンとか
ミクとかレンとかリンとか「立体ミク大型化戦争のレギュレーション」

ニコニコ大百科「はちゅねミク小型化戦争」
ニコニコ大百科「立体ミク大型化戦争」


関連ページ
「はちゅねミク小型化戦争」が果てしなく繰り広げられている件について
「はちゅねミク小型化戦争」が確認方法の面で限界にきている件について
「はちゅねミク小型化戦争」がいくつかのアプローチへと派生している件 twitterを見る [初音ミク-音楽] 2008/07/22(火) 22:02:12 | ニュース | コメント:2

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/07/23(水) 15:24:01 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

立体ミク大型化戦争の件

実は立体ミク大型化戦争の件、どうするかを考えた時にいわゆる「御社」のことをまず思い浮かべました。

でも、業者さんのような大型機械をおいそれとは普通の人が購入することはできませんよね?

と、言うわけで、仮に「御社」さんが参加したとしても「普通の」かたがたと同等の条件で競っていただきたいなということで例のレギュレーションを作ったわけです。

レギュレーションそのものに賛否があるのは判っています。
材料無制限だったら、それこそ、あっという間に身長12mなんてのも現れるでしょう。そこに、技術力の現れる余地はありますか?

お金はなくてもアイデアや暇はある。そのような方々の参戦を促した方が興味深い結果が出ると私は考えています。

市販インクジェットプリンタで印刷可能な材料は、その材質と、厚みに制限があります。
その制限の中で以下にアイデアを凝らして自立して、なおネギを振る。
そこに立体ミク大型化戦争のタグを作成した意義が現れると私は考えています。
コメント、反論は当方のブログで承ります。
  1. 2008/07/23(水) 21:16:10 |
  2. URL |
  3. starseeks #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する