初音ミクみく

VOCALOIDに何気に関連しそうな情報をまったり収集していたアーカイブサイト!

出た!「藤本健の“DTMステーション”」に「CeVIO」関係者インタビュー記事

新たな音声&歌声合成プロジェクト「CeVIO(チェビオ)」について、情報によれば、「藤本健の“DTMステーション”」にてCeVIO関係者へのインタビュー記事が公開されたもよう。HMM(隠れマルコフモデル)音声合成を用いていること、今後搭載される歌声合成機能について、9月発売予定の製品版について、などが語られているようなので、CeVIOに衝撃を感じている人はチェックしてみて^^

藤本健の“DTMステーション”「ボカロに有力対抗馬登場!? 新歌声合成ソフトCeVIOの衝撃!」

次の動画の9分10秒あたりからソングのデモが聴けるとのこと
【FF14ニコ超2】責任者が語るCeVIOプロジェクトの全貌


追記
記事中の製品の価格についてのツイートがあるそうなのでメモ。

--最後に気になるのは9月発売予定の製品の価格についてです。先ほどのお話だとトーク用として3キャラクタ、ソング用に1キャラクタで、フリー版にはないパラメータ調整機能などが装備されるとのことでしたが、それがいくらで登場するのでしょうか?
中田:これについては、まだ検討中であり、流通側との調整をしているところです。ただし実売価格が2万円を大幅に切る値段になるよう努力しているところです。

CeVIO_st藤本健さんのDTMステーションに取材して頂いた #CeVIO 記事が公開されましたね! http://t.co/X5CYpIdNV6 6月公開予定の歌唱機能についても新しい情報が触れられているので、ぜひご覧下さい♪#さとうささらlink
CeVIO_stあ、あと本日紹介したDTMステーションさんの記事中で、価格についてのコメントがありましたが、あくまでも仮の目安で、これから大幅に変わる可能性もありますので現時点でのご心配は無用ですよw …できるだけお安くできるよう、絶賛検討中です!(`・ω・´)b #CeVIOlink

オマケ
「CeVIO キャラクターライセンス」ページができているそうなのでメモ。
CeVIO キャラクターライセンス

CeVIO キャラクターライセンス
「CeVIO キャラクターライセンス」 (以下「本キャラクターライセンス」といいます)は、「CeVIOプロジェクト」(以下「当プロジェクト」といいます。)が権利を保有する本キャラクターを、利用者が二次的創作物に非商用利用する場合の利用可能な範囲及び利用条件を定めるものです。利用者は、本キャラクターを利用することによって、本キャラクターライセンスの条項に拘束されることを承諾したものとみなされます。

第1条(定義)
本キャラクターライセンスにおいて、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによります。
1「キャラクター」
その一体ごとに固有の名称・声色・外見的特徴(顔、髪型、体格、服装・コスチューム、姿態、仕草等)・内面的特徴(性格、好み、癖、特技、経歴、職業等)の全部または一部が付与された架空の人物または生物であって映像、音声等の視聴覚的表現によって表現されるものをいいます。
2「本キャラクター」
当プロジェクトが権利を保有するキャラクター「さとうささら」をいいます。
3「二次的創作物」
著作物を翻訳、編曲し、もしくは変形し、または脚色し、映画化し、その他翻案することにより二次的に創作されたイラスト、CG、立体造形物などの著作物 (「二次的著作物」)、ならびに著作物の複製物、著作物の改変・切除により作成された創作物をいいます。
4「利用者」
個人または法人格のない団体で、本キャラクターを利用して二次的創作物を作成する者をいいます。
5「非商用利用」
利用者が、個人及び同人サークルの趣味の範囲内であって、無償または原材料費程度の対価・利益を得て行う小規模な本キャラクターの利用をいいます。

【非商用利用の例】
・イラスト、フィギュア、人形その他の立体工作物の無償での作成、展示、配布
・同人誌の無償での作成、展示、配布
・アニメ、動画、漫画、演劇、映画、ゲーム、CD/DVDの無償での作成、配布、上映、上演、展示
・イラスト、フィギュア、アニメ、動画、漫画等のホームページ、ブログ、SNSでの無償公開
・無償イベント(学園祭の模擬店等)開催における店内装飾、配布物、参加記念品への利用
・コスプレ衣装の無償での作成、展示、配布
・無償でのコスプレイベント参加
・コスプレ写真、動画の無償配布、展示、上映、ウェブサイト上での公開

その他の用語の意義及び解釈については、本キャラクターライセンスに別段の定めがある場合を除き、著作権法その他の適用法令の規定に従うものとします。

第2条(著作権法その他の適用法令との関係)
1 本キャラクターは、著作権法及びその他の適用法令によって保護されます。
2 本キャラクターライセンスは、著作権法及びその他の適用法令において認められる、利用者による本キャラクターの利用を妨げるものではありません。
3 利用者は、当プロジェクトが本キャラクターの二次的創作物を利用することを許諾します。

第3条(利用許諾)
当プロジェクトは、利用者に対し、非商用利用に限り、次の各号に定める本キャラクター及び本キャラクターの二次的創作物の利用を行うことを非独占的に許諾します。
(1)本キャラクターの二次的創作物を作成すること。
(2)本キャラクターまたは本キャラクターの二次創作物を、複製、改変、切除、翻案、配布、販売、展示、上演、上映または公衆送信すること、あるいは公衆送信可能な状態にすること。

第4条(利用制限)
利用者は、本キャラクター及び本キャラクターの二次的創作物を次の各号に定める態様で利用することは一切できません。
(1)当プロジェクトによる事前の使用許諾なく、非商用利用以外に利用すること。
(2)本キャラクター、当プロジェクトまたは当プロジェクトから許諾を受けた者が作成する本キャラクターを用いた作品・製品、当プロジェクト、当プロジェクトの製品のイメージや品位を傷つけるような態様で利用すること。
(3)法令及び公序良俗に反するような態様で利用すること。
(4)当プロジェクトまたは第三者の知的財産権その他一切の権利または名誉を侵害する態様での利用、またはかかる侵害のおそれがある態様で利用すること。
(5)その他当プロジェクトが不適切と判断する利用。

第5条(免責)
1 当プロジェクトは、本キャラクター及び本キャラクターの二次的創作物の利用に関し、特定の利用目的への適合性、第三者の権利の非侵害、瑕疵の不存在を含むあらゆる保証をいたしません。
2 本キャラクターライセンス、または本キャラクターライセンスに基づく本キャラクター並びに本キャラクターの二次的創作物の利用により利用者に発生するいかなる損害についても、当プロジェクトは当プロジェクトに故意または重大な過失があるときを除き、一切責任を負わず、利用者の責任においてこれを負担するものとします。

第6条(当プロジェクトによる条件・制限及び当プロジェクトへの通知)
当プロジェクトは、利用者による本キャラクターの利用の態様や状況が、非商用利用の限度を超えると判断する場合その他当プロジェクトが必要と判断する場合には、当該本キャラクターの利用に関して条件を付け、または本キャラクターの利用を制限することができます。利用者は、当プロジェクトからかかる条件・制限を通知された場合には、速やかにこれらにしたがわなければなりません。
利用者は、非商用利用として開始された本キャラクターの利用が趣味の範囲を超えてしまったときや、対価・利益の額が原材料費程度とはいえなくなってしまったとき、あるいはそのような状態にいたる可能性があるときは、速やかに当プロジェクトに通知しなければなりません。

第7条(本キャラクターライセンスの変更)
1 当プロジェクトは、当プロジェクトの管理するウェブサイト上で告知することにより本キャラクターライセンスの内容を変更できるものとします。 2 利用者には、その確認の有無に関わらず、利用行為時点の本キャラクターライセンスを遵守していただきます。変更後の本キャラクターまたは本キャラクターの二次的創作物の利用の開始または利用の継続をもって、利用者は変更後の本キャラクターライセンスに同意したものとみなされます。
変更後の本キャラクターライセンスの内容は、本キャラクター及び本キャラクターの二次的創作物の本キャラクターライセンスの変更前になした利用行為に影響を及ぼしません。

第8条(本キャラクターライセンスの終了)
1 利用者が本キャラクターライセンスまたは本キャラクターライセンスの条項に違反した場合には、当該利用者へ付与された本キャラクターライセンスは自動的に終了いたします。これによって、本キャラクターの利用に関する当プロジェクトと当該利用者の関係は著作権法及びその他の適用法令によってのみ規律されることになります。


追記
「組込みシステム 開発技術展(ESEC2013)」「流通情報システム総合展(RTJ2013)」などでのデモンストレーション動画がきているようなのでメモ。
ESEC2013 インテルブース Connect. Manage. Secure.ゾーン サイネージ・デモ

RTJ2013 インテルブース ②


関連サイト
CeVIO(チェビオ)

さとうささら

フロンティアワークス

関連サイト
「初音ミクARデジタルサイネージ実験動画」のメモ
デジタルサイネージ情報番組「サイナビ」から初音ミク起用のテーマソング
「MMDAgent」によるITハウス的な応用をした家電操作デモが話題らしい件
出た!新たな音声&歌声合成プロジェクト「CeVIO(チェビオ)」が始動
出た!テレ東番組「超流派」にてボカロなクリエイターが紹介
出た!トークが可能なフリー版「CeVIO Creative Studio FREE」が配布開始
音楽番組「超流派」にsasakure.UK氏が登場したらしい件 twitterを見る [初音ミク-音楽] 2013/05/14(火) 22:15:16 | ニュース | コメント:1

なるほど、VOCALOIDとは原理自体が違う訳ですな
とある動画で喋りを聞いたけど、キレイでびっくりしました
読み上げはけっこう需要があるだろうし、これからの活躍が期待できそうですね

しかしユーザー側でライブラリを作れないというのはちょっと残念
もちろんそれは当然だとは思うのですが、ちょっと活用の場が狭まりそうかな・・・
例えばかなり需要が高いであろうMMDドラマなんかだとキャラクターは何人も出てくる訳で、その時に声の種類が数種類しかないとちょっと困るかも
登場するキャラクターの雰囲気に合う声があるとも限らない訳ですし

かといってそこを開放すれば企業側で制御ができなくなる、と
そちらの方が発展はしそうですが・・・まあ一長一短ですな
その辺りを含めた今後の動きにも注目ですね
  1. 2013/05/15(水) 12:04:32 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する