初音ミクみく

VOCALOIDに何気に関連しそうな情報をまったり収集していたアーカイブサイト!

「Cubase7実践音楽制作ガイド」に「VOCALOID Editor for Cubase」の記事

2013年5月24日に、書籍「Cubase7実践音楽制作ガイド」(目黒真二)が発売予定となっているそうだが、情報によれば、そこに「VOCALOID Editor for Cubase」の記事が記載されているもよう。利用者はチェック…かもさ^^

2013年5月24日発売予定
楽天「Cubase7実践音楽制作ガイド」(目黒真二)
アマゾン「Cubase7実践音楽制作ガイド」(目黒真二)


DAWソフト(DTMソフト)の代表格とも言われるCubase(キューベース)。その最新版、Cubase7を上手に活用するための手法が書かれている。
前バージョン時に幅広い人気を得た『Cubase6実践音楽制作ガイド』をもとに、Cubase7に対応させるために全面的に書き直し及び改訂。本書は、すべての機能を隅から隅まで解説したマニュアルのような本ではなく、音楽(作品)をCubase7でどうやって作るかという視点で操作を解説する。はじめてCubase7を使う人が、どうやって周辺機器と接続し、ソフトを使っていったらいいのかといった基本中の基本から説明。「まずは1曲作ってみる」というスタンスのもと、実際に音楽を1曲仕上げるまでの道筋を、Cubaseの環境設定や、オーディオ、MIDIなどの設定も含めて丁寧に説明した。
基本を抑えた次は、さらに高度な機能や手法、HALION SONIC SEなどのインストゥルメントトラックの作成、VOCALOID Editor for Cubaseとの連携、また利用者が多いギター録音に関するテクニックなどを多彩に紹介。また、実際に困ってしまうことが多いケースなども取り上げている。

■序章 著者のシステム
■シーン1 新機能コードトラックでなんとか曲の母体を作ろう
■シーン2 コード進行をもとに各楽器のパートを作る
■シーン3 思いどおりにパターンを作るならMIDIデータ(ドラム編)
■シーン4 音色は表現力だ!
■シーン5 ギターの録音から修正まで、とっととやろうぜ!
■シーン6 断れないから困るピッチ修正とタイミング修正
■シーン7 ミックスダウン大作戦!〜ミックスとは自分の好みとの戦い〜
■音楽制作のヒント
  マスタリング
  ボーカロイドプロデューサーの救世主「VOCALOID Editor For Cubase」登場
  オートメーションの方法
  マルチチャンネルの書き出し
  ドラムのパーツを独立したトラックで鳴らす
  【コラム】Cubaseを使いこなそう

スタイルノート「Cubase7実践音楽制作ガイド」

オマケ
コチラにもボカロな記事がありそうな気配なので、ひとまずメモ。

2013年5月27日発売予定
楽天「BASIC MASTER Singer Song Writer Lite 8」(藤本健、大坪知樹)
アマゾン「BASIC MASTER Singer Song Writer Lite 8」(藤本健、大坪知樹)


安価ながら、往来のSinger Song Writer Liteよりもさらに大幅にパワーアップしたSinger Song Writer Lite 8を徹底解説!

独自開発のボーカルエディット機能やSinger Song WriterのフラッグシップモデルProfessionalと同じAUDIOプロセッシング&MIDIエンジンを搭載し、高品位なサウンドクオリティ、柔軟で多彩なクリエイティブ力、優れた視認性と直感的な操作性、そしてハイエンドな制作環境を構築する拡張性など、あらゆる面で大きく進化しながらも、手軽に誰でも音楽を楽しめる環境を備えた『Singer Song Writer Lite 8』。本書では、ソフトの機能をフルに活用して、楽しみながら音楽制作を行うテクニックを、分かりやすく解説しています。

ビー・エヌ・エヌ新社 twitterを見る [初音ミク-音楽] 2013/05/04(土) 14:06:10 | ニュース | コメント:0








コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


ブログパーツ
PR: アクセストレード無料をモットーに躍進します。

FC2Ad