初音ミクみく

VOCALOIDに何気に関連しそうな情報をまったり収集していたアーカイブサイト!

「はちゅねミク小型化戦争」が確認方法の面で限界にきている件について

ネギを振る「はちゅねミク」の小型化が進み、ついに0.5mmの壁も突破したようだ。しかし、あまりの小ささのため証明方法が難しくなっているらしい。実際、カメラのピントが合わず、どれくらい「はちゅねミク」なのか、どの程度ネギ振りがしっかり行われているのか確認できず。全長についても、ものさしやノギスでは正確が計測がままならない状況のようだ。何か打開策はあるのか。また、さらなるミクロ化へのチャレンジャーはいるのか。なにげに注目かもさ。

450ミクロン(0.45mm)はちゅね


追記
だいたい0.3ミリだそうでつ。まだいくのかーっ。

450ミクロンに対抗して、だいたい300ミクロン(0.3mm)



関連ページ
「はちゅねミク小型化戦争」が果てしなく繰り広げられている件について twitterを見る [初音ミク-音楽] 2008/07/11(金) 09:23:08 | ニュース | コメント:2

チタン削り出し定規「ミクロン10」または 「ミクロン30」(生産終了品)を使えば0.1mm単位で目盛があるから何とかできるかも…。
  1. 2008/07/11(金) 12:34:01 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #nts.E40U
  4. [ 編集]

そういう特殊品じゃなくても,顕微鏡で実際のサイズを確認するために対物ミクロメーターというものが普通に売ってます.目盛りの刻みは10マイクロメートルくらいから.
むしろ,撮影用の機材の用意のほうが難しそう.安いUSB顕微鏡で足りればいいんですが. ちゃんとした写真鏡筒のある実体顕微鏡ってすごいお高いんですよね.
  1. 2008/07/14(月) 16:49:45 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する