初音ミクみく

VOCALOIDに何気に関連しそうな情報をまったり収集していたアーカイブサイト!

「ボカロこそが、次代のJ-POPのインキュベーター」と言及する本があるらしい件

2013年1月22日発売の「誰がJ-POPを救えるか? マスコミが語れない業界盛衰記」(麻生 香太郎)についての書評「誰が「J-POP」を殺したのか?」がWeb掲載されているそうだが、それによると、前記の書籍は「瀕死の状態」にある音楽業界について切り込んでいる一冊だそうで、その中で「草の根から著作権への抵抗を見せるムーブメント」となっている初音ミクに関して「ボカロこそが、次代のJ-POPのインキュベーターになる」と言及しているとのこと。気になる人はチェックしてみて^^

新刊JP「誰が「J-POP」を殺したのか?」
楽天「誰がJ-POPを救えるか? マスコミが語れない業界盛衰記」(麻生 香太郎)
アマゾン「誰がJ-POPを救えるか? マスコミが語れない業界盛衰記」(麻生 香太郎)


2010年代になり、J-POPはさっぱり売れなくなってしまった。
売れているのは3つだけ。AKB48と嵐とK-POPだけである。完全なファンクラブによる組織票の世界だ。
いつから、こんな事態になってしまったのか?
それはなぜなのか?
近い将来、レコード会社はおそらくなくなるだろう。CDも消えるだろう。
本書には音楽業界人にとってタブーである事実もかなり多い。だが、誰かが言わなければ、このまま日本は「失われた30年」に向かって突き進んでいくことだろう。その原因はハッキリしているのだが、なぜか表だってメデイアで語られることはなく解決法の模索は先送りされてきた。現場はがんばっているのだが縦割りで横の情報の共有や連携がない。
今、真剣に手を打たないと、家電業界同様、音楽業界も外資(ワーナーやユニバーサルなど)に見限られシンガポールや上海に日本本社を移転されてしまうだろう。
J―POPがガラパゴス化しているのにいちばん気づいていないのが音楽業界の上層部たちだからだ。おそらくこの1~2年が勝負になる。

音楽業界の闇と利権構造をエンタメ界の生き証人である著者が解き明かす。

<目次>
第一章 ソニーがJ-POPを殺した
第二章 韓流がJ-POPを殺した
第三章 つんくがJ-POPを殺した
第四章 音楽著作権がJーPOPを殺した
第五章 歌番組がJ-POPを殺した
第六章 圧縮技術がJーPOPを殺した
第七章 スマホがJーPOPを殺した
第八章 世界の不況がJ-POPを殺した
第九章 マスコミがなくなる、がJ-POPを殺した
第十章 平成10年代生まれがJーPOPを救う

なぜソニーはアップルに無条件降伏したのか?K‐POPはなぜ売れ続けたのか?AKB・モー娘。、初音ミクからJASRACまで、エンタメ界の生き証人が音楽業界を斬りまくる。


上記の他、2013年2月25日発売の「ソーシャル化する音楽 「聴取」から「遊び」へ」(円堂都司昭)という本にも初音ミクに関する記載があるようなのでメモ。

楽天「ソーシャル化する音楽 「聴取」から「遊び」へ」(円堂都司昭)
アマゾン「ソーシャル化する音楽 「聴取」から「遊び」へ」(円堂都司昭)


2000年代以降、大転換をむかえたジャンルであるにもかかわらず、なかなかその全貌がみえてこなかった〈音楽〉の世界。ロック・フェス、iPod、カヴァー、リミックス、マッシュ・アップ、YouTube、DOMMUNE、マイケル・ジャクソン、レディー・ガガ、K-POP、Perfume、やくしまるえつこ、菅野よう子、神聖かまってちゃん、AKB48、ももいろクローバーZ、ゴールデンボンバー、アーバンギャルド、初音ミク、『けいおん! 』、『NANA』、『デトロイト・メタル・シティ』、音楽ゲーム、エア・ギター、「歌ってみた」「踊ってみた」・2012年紅白歌合戦……。ソーシャル・ネットワークをつうじて、次々と新たなプレイヤーやムーヴメントが現れる音楽シーンを全方位レヴュー。エンタメ系コンテンツの現在を大胆に描き出す! 注目の論者がお届けする、ソーシャル時代のカルチャー論・決定版!!

オマケ
上記とは関係ないが、「著作権」をわかりやすく解説している記事で、「初音ミク」の例が出ているそうなのでメモ。

Business Journal「あの名作マンガはなぜ買えない? 創作者に“ものすごい”力を許す著作権の常識」(TOP PAGE)
Business Journal「あの名作マンガはなぜ買えない? 創作者に“ものすごい”力を許す著作権の常識」
twitterを見る [初音ミク-音楽] 2013/03/15(金) 02:24:43 | ニュース | コメント:23

(♪ラーミア トスティーヤ)僕と契約してみっくみくになってよ!
  1. 2013/03/15(金) 03:50:41 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #QMnOeBKU
  4. [ 編集]

いろんな奴に殺されてワロタw、ぶっちゃけた話し消費者のニーズをマーケティングに反映させてこなかった結果でしょ
  1. 2013/03/15(金) 07:34:46 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

ミクさんとQBの悪魔合体か
インキュベーターっつーと某魔法少女アニメの契約淫獣しか頭に浮かばねぇ
  1. 2013/03/15(金) 07:50:58 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. [ 編集]

CDが売れない事をJ-POPが死んだ事にしないで下さい。
今でも良質なJ-POPは生まれてますよ(笑)
  1. 2013/03/15(金) 08:28:52 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

いつJ-popが死んだんだろう
  1. 2013/03/15(金) 09:46:37 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

K-POP流行らせたいために死んだことにしたい連中がマスコミ操作しているんだよね
電通とかフジとかNHKとか
  1. 2013/03/15(金) 09:49:25 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

何この人?

全くボカロを
理解出来てないのに
偉そうな人だ
  1. 2013/03/15(金) 09:57:12 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

やだーぎゃくさつじゃないですかー
  1. 2013/03/15(金) 10:14:05 |
  2. URL |
  3. 名無しさん@ニュース2ch #7K3fN0u.
  4. [ 編集]

>K-POP流行らせたいために死んだことにしたい連中がマスコミ操作しているんだよね

 これ、人気捏造があまりにもひどいよね。例えば、一昨年2011年の話だけど、こんな記事があったね(ソースは朝日新聞WEB版)

http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK201109060027.html
 「2NE1、日本デビュー7万枚が即日完売」

 何でも、2NE1というK-POPグループのライブチケットになんと30万人もの応募があったそうです。日本デビューしていきなり、ですよ。すごい人気、ミクはもとより、レディガガ、マイケルジャクソン、ビートルズを凌ぐ人気なんじゃ・・・こりゃすごい。
 きっとヤフーオークションでも、チケットの奪い合い状態、どんな高値がついているのか?と思ったら、なぜか、定価7500円のチケットが半額以下、5分の1の1500円でオークション終了、なんて結果が出てたり、ウラを取るとこんなのばっかなんだよね。

 いわゆる韓流ドラマにしてもレンタルDVD、CDのTSUTAYAに行くと韓流ドラマスペースがかなりあって、こりゃすごい、一体、どれだけ貸し出しがあるんだ?と思って総合貸し出しランキング(洋画、邦画、韓流ドラマ全部込)を眺めると・・。

http://www.discas.net/netdvd/dvd/hotrankingTopTotal.do?pT=0&page=1

 3月15日現在200位まで漁って、いわゆる韓流ドラマ、映画はようやく175位に「猟奇的な彼女」がヒットする程度。どうなってんの?
  1. 2013/03/15(金) 11:30:21 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

音楽業界のどこが瀕死状態なのかイミフ、家電業界の悲惨さを見てから言えや

って思った
  1. 2013/03/15(金) 12:52:59 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

ボカロはボカロのままがいい
  1. 2013/03/15(金) 17:32:34 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

○スラック「ボクと契約して著作権料ちょうだいよ!」
  1. 2013/03/15(金) 18:35:16 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

バカすぎワロタwwwww

一歩引いて考えてみな?

Question.
J-POPとは何か? → 音楽の一種である

J-POPの死とは何か? → 誰からも聞かれない、或いは生み出されなくなった時である

では現時点でJ-POPは死んでいるのか? → 否、死んでいない
(今尚、J-POPは生まれ続けている)

おやおや? 話がおかしくなってきましたね
つまりはどういうことなんでしょうか?

Final Question.
では、この麻生 香太郎が言う”J-POPの死”とは何か?

答は皆さんも一緒に考えてみましょう!
はてさて気になる正解は~…?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

正解は

業界が音楽で思い通りに金儲けをできなくなった時

でしたァー…あーぁ

おわり
― ― ― ― ― ― ―
と、ここまでは茶番として

要するに意識してか無意識か、この男が
わざわざ ”J-POPの死” と表現している点がミソ

間違っても ”音楽の死” ではない

現時点でのVocaloid文化による創作の連鎖
その規模、発展速度は、正直に言って
日本の音楽(樂)史上最も優れた創作システムだ

この国の歴史を見ても、これ程早い速度で
大規模かつ不特定の人間達が単一のコミュニティ
で創作を続けたことは、この長い歴史の中でも
ただの一度もない

断言しよう
この国は現在、歴史上最も音楽創作熱に溢るる状態にある

なんの事はない
簡単な話 ”J-POPの死” とは ”業界の死”
の言い換えに過ぎないのである
(単に日本の音楽が新自由創作主義にシフトしただけ)

まとめると

”J-POP” が死んだとしても

”日本の音楽” はこれからも発展してゆく

これだけだ

今まで権力に胡座をかいてゴミを売りつけていた罰だ
どこで野垂れ○のうと知った事か
  1. 2013/03/15(金) 19:06:54 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #/XgOb4p6
  4. [ 編集]

>草の根から著作権への抵抗を見せている

ってなに?
著作権ならボカロPにあるだろ
アタマおかしいんか

批判されているのは「著作権」そのものじゃなく

「JASRAC」の「秋元 康」「会長」率いる
カスラックのヤクザ紛いなクソ商売のことだろ

話のスリ替えしてんじゃねーぞこの●▲■◆
  1. 2013/03/15(金) 19:23:19 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #zb1pnwUM
  4. [ 編集]

内容的に
○ャスラック age
K-p○○p age

こいつジャ○ラックの使い走りじゃね?

※K-poopが売れるとフ○ジTVとジャスラッ○が丸儲けします
  1. 2013/03/15(金) 19:50:10 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #yMgYA1l6
  4. [ 編集]

ミクさんのライブチケットは38万円の値段がついたこともあるというのに...
  1. 2013/03/15(金) 22:23:38 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

後半の、「Business Journal「あの名作マンガはなぜ買えない? 創作者に“ものすごい”力を許す著作権の常識」を斜め読みですが、読みました。

なかなか興味深い文章でした。

ところがこの文章にはまだ続きがあるようで(まだ未発表の様子ですが)、そこではPCLについて掘り下げて考えてみるようです。
ちょっとまだ肯定的な文章になるのか、否定的な文章になるのかわからないですが、著作権というものをよく考えた上で、その中でPCLが持つ意味について考察するものになりそうな予感がします。
ちょっと期待をしております。

というわけで、続きをwktkしながら待ってみようかなと思うしだいです。

ぜひぜひ、皆様、すでに発表されている文章を踏まえたうえで、次の文章を読んで、PCLが持つ、その意味や、歴史的な価値について考察されてみると面白いのではないかと思います。

P.S.個人的にはPCLがなければ、一般人へのミクさんの浸透、すなわちテレビなどでの取り扱いがほとんどないだろうということを想像しますと、その威力と英断にあらためて感心します。同時にMMDの権利問題の難しさを感じるわけです。



  1. 2013/03/16(土) 00:33:27 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

ボーカロイドがインキュベーターか。なんかイヤな感じだな。
新たな寄生先を見つけました!という風にも見て取れる。
業界が延命を図るうえでボカロ界隈が新しい人材の揺り籠のように見えているかも知れんが
ボカロ界隈の当事者は(一部を除いて)殆ど音楽業界で食うことなんかに興味ない・ただ単に作りたいから作ってるだけに過ぎないだろ。
  1. 2013/03/16(土) 14:28:54 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

↑それでもそれで業界のカネが回れば業界はボカロを見過ごさない
  1. 2013/03/16(土) 16:36:21 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #iUHiv2.A
  4. [ 編集]

「キャンディキャンディ事件」の詳細はこの記事で初めてというか改めて掘り下げて知った感じです。
「ひこにゃん」の件もそうですが、キャラクターを生む時点でそのキャラクターがもし大成功してキャラクター・ビジネス化に発展したときに、そのビジネス化の許諾をどういう形で許諾するか、とかマネーが生じたときにその取り分をどう割り振るのか、ということについて取り決めておかないことが、キャラクターがビジネス化したときにトラブルが起こる原因ではないかと単純に思った。
法律ではキャラクターのビジネス化におけるマネー配分等の決め事は規定されていないので、そのときのトラブルを避けたいと思えば自主的にその規定を内輪の規定としてキャラクターに関係する当事者が取り決めておく必要がある領域。
それをすることなしにキャラクターに関係する者の誰か一人がビジネス化にゴーサインを出すと「勝手なことを!」とやがてトラブルに発展する、というのはむしろ当たり前。つまり著作権という法律の問題ではなく当事者側の予防措置としての契約規定の有無あるいはその中身の問題ではないか・・・。と、次にPCLの話が来るというが、この辺の話とかになるのか?

追記: 著作権裁判は本当は著作物のビジネスによって生じた利益の配分について争いたいのに、権利の所在が誰にあるかという権利問題にすり替わっているという実態もあると思う。著作権裁判の申請時に争点の確認として著作物をめぐる利益配分について争いたいのか、著作物の権利の所在について争いたいのかを分けて取り扱うべきもの、との裁判所の姿勢が打ち出されてもいいかもしれない。最高裁の意見として述べるとか。
  1. 2013/03/16(土) 16:37:20 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #aWkF1RCE
  4. [ 編集]


そうです

表現したいものを表現し
ただ作りたいものを創る

これが本来の、そして純粋なる音の形だったんです
そしてこれは芸術全般にも同じです

腐ったものはリセットされ
そして全ての音は原点へ還る

正常かつ清浄な自浄作用の結果に過ぎなかったんですよ
  1. 2013/03/16(土) 16:51:35 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #m0nwIOrA
  4. [ 編集]

祇園精舎の鐘の声 商業無常の響きあり・・・
  1. 2013/03/17(日) 17:48:58 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #MnrcCCB.
  4. [ 編集]

現在の音楽業界衰退の原因を、音楽評論家にも向けてその罪の一端を指摘する内容の本もある。
『かんちがい音楽評論【JAZZ編】』(中山康樹 著/彩流社、2012年1月25日初版第1刷)がそれ。JAZZ評論に関係する評論家やメディアについての評論の誤りを指摘する内容なのだが、ボカロ界や音楽業界全体にも通じる話だなと感じられる部分も多くて一読されることをお薦めする。
この本の帯にはこうある。↓
『雑誌・書籍の売り上げ低迷、そして廃刊。ネットでの「音楽」消費、CDショップの閉店。音楽業界(人)が「便利さ」「わかりやすさ」を追求した結果、作り手・受け手の「眼力・耳力」の衰退を促している。ミスリードを続ける「批評家」「音楽家」「メディア」を徹底批判した完全書き下ろし。』
  1. 2013/03/17(日) 19:39:30 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #oL0JAQMU
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する