初音ミクみく

VOCALOIDに何気に関連しそうな情報をまったり収集していたアーカイブサイト!

初音ミク パネルで「英語版 初音ミク」発売の公式発表はなかったらしい件

2013年3月8日~17日(現地時間)にテキサス州で開催されているテクノロジーとクリエイティビティの祭典「South By Southwest Tradeshow(SXSW)2013」の中で開催された初音ミク パネル「ミク:世界を制したオープンソースの少女」といえば、2013年3月9日~11日ごろ「英語版 初音ミク」の公式サイトにて「2013年の夏にリリースできる」といった記載が出たらしいことから、初音ミク パネルに出席する伊藤社長から「英語版 初音ミク」のリリース発表があるのではと期待が高まっていたが、情報によれば、特に発表はなかったもよう。特に、消されたことについて海外サイトVocaloidismなどでも、何気にとまどいが隠せないふうの記事が出ているようだ。興味ある人はチェックしてみて^^

Vocaloidism「Miku Panel at SXSW」
かなりざっくり訳

SXSWでのMIKUパネル
2013/3/12 by hightrancesea

今年のSXSWにおいて「ミク:世界を制したオープンソース少女」というパネルが開かれた。出席者はアレックス・リービット(ソーシャルメディア研究者)、伊藤博之(クリプトン社長)、村木香苗(クリプトン社欧米マーケティング担当)、タラ・ナイト(ミクメンタリー作者)だった。

SXSW(South-by-Southewest:南南西)とは「オースチン市で毎年開かれる音楽と映画とインタラクティブに関する大会とお祭り」のこと。その道のプロや専門家が集まるイベントであり、ファン主催のアニメ大会などと比べると数十倍もの参加者がある。

現地から@clairwilが報告してくれたツイート(1,2,3,4)によれば、パネルの内容は初音ミクとその誰もが創作に参加できる文化について、一般の人たちに紹介するプレゼンのようなものだったらしい。@@bandeapartfmがアップした写真によれば会場には空席が目立ち、SXSWの客層にとってあまり興味を引く内容ではなかったようだ。

なおアレックス・リービットは昨年のSXSWでも「初音ミクのオープンソース文化」というパネルを開いたが、その際に彼が使ったスライド資料が20MBのPDFとして公開されている。

今回クリプトン社はパネルへの参加だけでなく、展示フロアにブースも設けていて、そこにバスケットボールのスター選手シャキール・オニールが現れたらしい。またYoutubeの初音ミク公式チャンネルではブースの映像が公開されており、ミクが描かれたバッグが配られる様子が映されている。

clairwilMIKU - virtual singer, 1; creators, everyone. The open source girl who conquered the world. #SXSW #sxswi #sxswmiku http://t.co/TJaKWwkqv1
link
clairwilMIKU - open source virtual singer Each user created song has unique copyright variable sharing#SXSW #sxswi #sxswmiku http://t.co/W0cOs88vzi
link
clairwilMIKU. Open source virtual singer. Hiroyuki Itoh, Tara Knight, Kanae Muraki, Alex Leavitt #SXSW #sxswi #sxswmiku http://t.co/uQlOfs2QaQ
link
clairwilCrypton CEO Hiroyuki Itoh. MIKU Participatory culture, boundaries vanish between fan, artist #SXSW #sxswi #sxswmiku http://t.co/dyR9qRI9zD
link

Vocaloidism「The Evanescent English Hatsune Miku Website」

英語版初音ミクWebサイト、つかのまの更新
2013/3/12 by hightrancesea

クリプトン社の英語版ミクのWebサイトは、2010年に作られたまま長い間ずっと更新されなかった。最近では今年の2月16日にチェクしたときもそうだった。しかし3月9日、クリプトン社は同サイトを全面的に書き換えた。

その中には「初音ミクとコラボするさまざまな人々、およびミクによって開かれる新たなビジネス展開」について述べた部分もあった。書かれていたのは、「音楽業界にとって初音ミクという存在は、ミュージシャンや音楽レーベルの認識を変えるものであり、公演のチケットが完売したことはイベント業者の興味を引きつけ、それならばブランド展開はどうかとの期待もあり」といったようなことだった。

注目すべきは、ミュージシャンの項目の中で、「クリプトン社が初音ミク英語バージョンを2013年の夏にリリースできることを誇りに思い、そのために有名レーベルや何人かのアーチストとコラボを企画中である」と書かれていたことである。またサイトの一番下には、2013年のSXSWにおいて初音ミクのパネルが開かれることも記されていた。

奇妙なことに3月11日の時点でサイトは再び書き換えられ、ミクのビジネス展開に関する長文はすべて削除されてしまった。そこで触れられていた英語版 初音ミクのリリース時期に関する情報もしかりである。SXSWのパネルの情報さえも消えてしまった。なぜクリプトン社がこれらの記載をすべて消したのかは謎である。

もしかしたら消えた文章は、投資家への説明のためのもので、一般公開すべきものではなかったのかもしれない。あるいは、2013年の夏にむけて発表する予定で作っていた文章が、下書きの段階で公開されてしまったということだろうか。

なお本記事は、Webのアーカイブを利用して作成したが、すでにクリプトン社が3月9日バージョンのWebサイトを消している以上、本記事で書いたことは、現在のクリプトン社の意向とは異なるかもしれない点にご留意いただきたい。


関連サイト
facebook「Shaquille O' Neal」
SXSW SCHEDULE「Miku: The Open-Source Girl Who Conquered the World」
SXSW「List of 2013 Exhibitors「Crypton Future Media」」
SXSW公式サイト

関連ページ
出た!「SXSW 2013」でオープンソースをテーマとした初音ミクのパネル
出た!「MIKUMENTARY Episode 3」が「LOVE展」で公開予定
出た!「SXSW 2013」にクリプトン社がブース出展&初音ミクパネルが開催
SXSWのクリプトン社ブースにシャキールオニール氏がきたらしい件 twitterを見る [初音ミク-音楽] 2013/03/13(水) 21:54:51 | ニュース | コメント:8

空席が目立つようなところでミクさんの英語版の発表なんかしてやらないでもいいよ
もったいない
もっとCGMに興味ある人たちが集まる場所で発表してほしい
  1. 2013/03/13(水) 22:03:12 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

SXSW(South-by-Southewest:南南西)とは「オースチン市で毎年開かれる音楽と映画とインタラクティブに関する大会とお祭り」のこと。その道のプロや専門家が集まるイベントであり、ファン主催のアニメ大会などと比べると数十倍もの参加者がある。

ああ・・・さすがに無理だったか
  1. 2013/03/13(水) 22:08:25 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

一休さんも言っているでしょ、あわてないあわてない、一休み一休みってね (古ネタ)
  1. 2013/03/13(水) 22:18:17 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

これ、入場料が数百ドル(数万円)するんだな。
普通のファンが行くようなイベントじゃないなw
  1. 2013/03/13(水) 22:52:30 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

幾多の専門家でさえ初音ミク現象がどういう意義や可能性を内在しているか気づかれていないという段階なのか。技術的なことに関心ある向きには「いくつかの既存技術を組み合わせただけで起きているイベントであり、その範囲に留まる現象」という風にしか見えないのかもしれない。
  1. 2013/03/14(木) 08:52:58 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #d/sSl7Fk
  4. [ 編集]

 まあ、日本でも、キャラクターボーカルシリーズが出た当時は業界筋、硬派の音楽ファン、メディアからはこぞってシカトされた・・ってことだし。
 
 それより、何より、ミク英語版のグダグダぶりが気になる。本当に大丈夫なんだろうな?
  1. 2013/03/14(木) 15:04:54 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

以前から英語のボーカロイドはあるけど
目立った人気はなかったし
ソニカのデザインをオタ向けにしたら
アジア以外で不評になったように
日本語しゃべれる韓国ボカロが人気ないように
いくらミクでも上手くはいかない
文化が違うから

  1. 2013/03/14(木) 18:13:18 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

KAITOに「ピアプロ・エディタ」というサプライズ特典がついたが、それの完成が遅れてKAITO V3の発売が遅れたように、ミクさん向けの特別な特典の用意が遅れているのではないかなと推測(?)

新しいボカロ関連ソフトとか、ピアプロの英語サイトの準備、もしかしたら単なる英語サイトじゃなく、海外の人とのコラボもできるようなサイトへの進化も考えられるんだけどね。
何かのビックリ・サプライズの準備のせいだよ!たぶん
  1. 2013/03/15(金) 01:17:43 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #vy4TR2to
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する