初音ミクみく

VOCALOIDに何気に関連しそうな情報をまったり収集していたアーカイブサイト!

朝日新聞にETV特集「冨田勲」に対する90歳女性からの投書が掲載な件

2013年2月3日にNHK Eテレにて「ETV特集 音で描く賢治の宇宙~冨田勲×初音ミク 異次元コラボ~」が放送されたが、情報によれば、2013年2月10日の朝日新聞の読者投稿欄「はがき通信」にて、左記番組について「90歳の女性が80歳の冨田先生と初音ミクに言及」しているもよう。世代を超えての愛されようを目の当たりにしたい人はチェックしてみて^^

mita_san今日の朝日新聞番組案内面に90歳代の方からNHK「音で描く賢治の宇宙~冨田勲×初音ミク 異次元コラボ~」の投書が。2013-02-10
12:59:23
link
facebook「冨田勲」


朝日新聞の今日の朝刊に、一般の方のETV特集への感想が。90歳の女性が80歳の冨田先生と初音ミクに言及しているという、小さいながらなんとも破壊力のある投稿です。

関連サイト
Billboard-CC「冨田勲新制作「イーハトーヴ」交響曲世界初演公演」

ISAO TOMITA SYMPHONY IHATOV


関連ページ
出た!静岡新聞に「初音ミク」のライブコンサートの写真入り記事
出た!北海道新聞に「「初音ミク」小学生も夢中」という記事
2012年10月20日の朝日新聞夕刊に「好きな曲で遊ぶ時代」という記事
出た!日本経済新聞夕刊に「冨田勲、初音ミク「生歌」で」という記事
出た!日本経済新聞の「旬の人時の人」に伊藤社長
出た!北海道新聞に「冨田勲の新作「イーハトーヴ」交響曲」の記事
出た!北海道新聞に初音ミクに注目した「イーハトーヴ交響曲」の記事
出た!北海道新聞に雪ミク&雪ミク電車の記事
出た!北海道新聞に「雪ミク電車」運行と「初音ミク」のアクリル画記事
出た!朝日新聞夕刊で「カゲロウデイズ -in a daze-」が紹介
北海道新聞の「活躍目立つ道内勢」として初音ミクが少し紹介
出た!2013年1月1日の北海道新聞に「初音ミク 現代の女神」という記事
出た!読売新聞に「文化はサブカルから」というボカロ記事
出た!読売オンラインに「文化はサブカルから」のWEB記事
出た!「しんぶん赤旗日曜版」にボカロ記事、「読売こども新聞」に初音ミク
出た!北海道新聞に「新千歳空港限定 カプセルフィギュア vol.2」の記事
出た!北海道新聞に「新千歳空港で催し始まる」の記事 twitterを見る [初音ミク-音楽] 2013/02/11(月) 14:12:44 | ニュース | コメント:21








こういう方が増えるとミクファンにとっては
嬉しいですね。冨田さんの曲も素晴らしかったです。
  1. 2013/02/11(月) 16:33:19 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

体以上に心は年を取るからなあ…
お若い様で羨ましい限りです
  1. 2013/02/11(月) 17:51:19 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #6b2nZk.k
  4. [ 編集]

この方はもともと冨田先生ファンのようですが、
札幌市ではお年寄りの間でもミクの知名度が上がってるのでしょうか。
市の取り組みの成果もでてるのかもですね。
  1. 2013/02/11(月) 18:01:28 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

本日先ほど放送のあったNHK-FM「『音の魔術師 冨田勲の世界』再構成版」を聴いていたんですが、番組パーソナリティの作曲家・吉松隆さんによればイーハトーヴのコンサートに駆けつけたファンは本当に幅広かったらしく、冨田先生のファン、クラシックのファン、宮沢賢治さんのファン、ミクさんのファンがひとつの空間に集まったそうです。
今回のイーハトーヴで冨田先生とミクさんはオーケストラの形が現在の様に固まり、やがて電子楽器が発達し、ミクさん登場までの音楽100年の歴史をひとつに束ねたのかも知れないと感じるところです。
  1. 2013/02/11(月) 18:35:55 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #CWhQDgX6
  4. [ 編集]

シルバーボカロPも出てきて良いなあと思うな
  1. 2013/02/11(月) 21:22:48 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

冨田ファンはミクを知り、ミクファンは冨田を知る。裾野が広がるね。
そして音楽を愛する心に年齢は関係ない。創る方も聴く方も。
  1. 2013/02/11(月) 21:32:37 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

今日のFM再放送。「イーハトーヴ」の紹介部分の録音を失敗してしまい、残念無念です。それにしても90歳のご婦人の心持はどんなもんなんでしょう・・・もう仙人のようです。
  1. 2013/02/11(月) 22:23:37 |
  2. URL |
  3.    #-
  4. [ 編集]


自分も今日、NHK-FM「『音の魔術師 冨田勲の世界』再構成版」聴きました。

盛り沢山でしたね。

『今日の料理』の制作・収録の秘話は面白すぎ(笑)。

皆がたむろする放送会館の待合スペースで、飛び込みでNHKから明日の放送の曲(!)を依頼されて、その日たまたま会館で収録してた打楽器(マリンバなど)の演奏者をキープして、屋上で作曲して仕上げた曲なんだとか♪。

時代を感じさせる逸話です。

  1. 2013/02/11(月) 22:34:28 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

私がラジオで印象的だったのがアニメの主題歌「ゼロゼロエイト」の音響に関してでした。
これフェイザーやフランジャーってエフェクターがない時代にシュワンシュワンな音を出すという手法で、2台のオープンリール式のテープレコーダーを使って同時に同じ音を出して片方のリールの縁をちょっと指先とか消しゴムつきの鉛筆の消しゴム部分で擦る様に押さえたりとかして音を遅らせるみたいなことして、一緒のスピーカーから音を出す、ってな感じだったと思います。
一度録音したものをさらにそうやって特殊加工するものだから、冨田先生がご自分で曰く「あいつとやるとめんどくさい」といわれていたとか(笑)。
今ではわざわざこのフランジャーとは違う不安定なシュワシュワ効果を得るためにそれを再現したVSTエフェクターがあります。
エフェクターのフランジャーの語源はこのリールの縁を擦ることに由来する、という説のほか、別の説では、鉄道の車輪などの金属の円盤から突起部分(フランジ)を削りだす旋盤用機械をフランジャーといい、これで金属円盤を削るときの音があのジェット効果音の様にシュイーンジュワーン!というから、という説も聞いたことがあります。(私は鉄道車輪の削り出しの様子をたまたまテレビか何かで見て聞いたことがありますが、まさにあのエフェクターのフランジャーの様な音でした)
  1. 2013/02/12(火) 01:40:29 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #Rhdygjs2
  4. [ 編集]

よい曲ができましたね。 っていいなあ
学校の先生が生徒の作品をほめてるみたい
  1. 2013/02/12(火) 07:06:48 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

この90歳のおばあちゃんファンの方、昨日のFMの冨田勲特番聴いてたかなあ。聴いてなかったら聴かせてあげたい。
思い出すことがいっぱいあったに違いない。
  1. 2013/02/12(火) 08:54:26 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

ギタリストの渡辺香津美はETV特集もFMもチェックしてたらしい。えらいアツいツイートしてはる (>_<)
  1. 2013/02/12(火) 09:37:30 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

先日のラジオは、CMなしで三時間もやったのに全然物足りなかった。

それだけ冨田氏が長く濃い人生を歩んできたんだと思う。

本当に尊敬する。
  1. 2013/02/12(火) 10:23:27 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

昨日録音したNHKFMの冨田勲特番だけど月の光だけひずみのようなノイズ乗ってた…(´・ω・`)
リアルタイムで聴いてなかったから機器のせいなのか放送波の問題なのかわからん…
  1. 2013/02/12(火) 12:37:06 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

あれは何重にも多重録音されて凄い重低音乗ってるからね。高音の伸びもすごい。
リマスター版をいい機器で聴いてみると良くわかるよ。
  1. 2013/02/12(火) 14:35:10 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

>今日のFM再放送。「イーハトーヴ」の紹介部分の録音を失敗してしまい、残念無念です。

「イーハトーヴ」の紹介部分を書き出してみた↓

本編の再編集版の放送を終えてから・・・
吉松隆氏 「ここまでは去年の11月18日に放送した『音の魔術師 冨田勲の世界』を未放送部分を含めて再編集したものをお送りしました。ただいまのお話にあった『イーハトーヴ交響曲』。この番組の放送直後、11月23日に『東京オペラシティ・コンサートホール』で初演されました。
私もそのときに会場に行ったのですが、若い人を中心に満員の盛況、また普通のクラシック・コンサートとは違ったワクワクドキドキする様な熱気に満ち溢れた、なかなか面白い雰囲気でした。
新作の『イーハトーヴ交響曲』は広範の『プロ』だったんですけれども、舞台の中心にオーケストラ、そしてその背後に合唱団、それから舞台後方上のパイプオルガンがあるところその左右に児童合唱団、その真ん中にスクリーンが置いてあって、そこに初音ミク嬢が登場する、という様な構成になっています。
全部で7つの楽章からなる40分近い大作なのですが、その初演の模様を収めたライブCDから抜粋でお送りします。
冨田勲作曲『イーハトーヴ交響曲』から、第一楽章『岩手山の大鷲<種山ヶ原の牧歌>』の一部と第三楽章『注文の多い料理店』の一部、そして第五楽章『銀河鉄道の夜』。
演奏はバーチャルシンガー:初音ミク、合唱:慶応義塾ワグネル・ソサイエティー男声合唱団、同OB合唱団、聖心女子大学グリークラブ、シンフォニーヒルズ少年少女合唱団、初音ミク演奏:篠田元一、パーカッション・梯(かけはし)郁夫、管弦楽:日本フィルハーモニー交響楽団、指揮:大友直人、の皆さんです。」(曲へ)

↑この部分のことかな?間違い部分あればご指摘歓迎です。
  1. 2013/02/13(水) 05:07:47 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #RJcXfWlM
  4. [ 編集]

ミクさんが歌う「かりそめのボディ」のところを聞いて、宮沢賢治だけでなくて、平家物語で同じようなコンサートやって欲しいなと思った。
平家物語は「泡沫(うたかた)」な感じが全編に漂っているのでミクさんが歌ったら合うように思います。琵琶でベンベンやるのもいいですが、電気琵琶で(^o^)。
  1. 2013/02/17(日) 16:17:49 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

こないだの冨田さんのラジオ聴いて、冨田さんが初音ミクに出会うのは必然と思いましたよ
きっと昔からの夢が、突然目の前に出現したような気分だったんだろうなぁ
  1. 2013/02/18(月) 22:18:41 |
  2. URL |
  3.    #-
  4. [ 編集]

希望

できたら、完全オリジナルな作曲で交響詩を作って
欲しかった。

また、イーハトーヴが20年とか30年後にも演奏
できるように、歌詞はその時の状況に合わせて
適度に変更しても良いという指定をつけないと、
曲が死んでしまうと思う。
いまから20年とか30年あるいは50年先に
初音ミクがソフトとして動作可能かどうかは
極めて怪しいから(かりそめの存在で、既に
別のものに取って代わられて、消えている
可能性もある)。
  1. 2013/03/13(水) 01:25:31 |
  2. URL |
  3. どこかのミルクさん #-
  4. [ 編集]

初音ミクで交響曲(笑)

若者に媚びる冨田勲が悲しい

こんなもん交響曲じゃねー
つまらんジジイだ(笑)
  1. 2013/04/27(土) 17:44:06 |
  2. URL |
  3. KAZE #3im3cwBo
  4. [ 編集]

誰だか想像がついた

現役で最高齢のピアニスト
というのを検索してみれば、
たぶん誰なのかが想像できた。
  1. 2013/09/02(月) 01:26:56 |
  2. URL |
  3. どこかのじいさん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


ブログパーツ
PR: アクセストレード無料をモットーに躍進します。