初音ミクみく

VOCALOIDに何気に関連しそうな情報をまったり収集していたアーカイブサイト!

「初音ミクと日本のクリエイティビティ」という考察記事が出たらしい件

ITmediaに「最もクリエイティブな国・都市」は日本・東京 でも日本人は自信がない」という記事があるそうで、それを受けて慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授の中村伊知哉氏によるWeb連載「中村伊知哉のもういっぺんイってみな!」に、「初音ミクと日本のクリエイティビティ」という記事が掲載されたもよう。それによると「36%が日本を最もクリエイティブな国と評価」「最もクリエイティブな都市では、東京が他の都市を抑えて1位の30%!」と評価されていながらも、一方で「日本の自己評価が低い」「日本人は19%!」「創造力が経済成長のカギになると答えたのも日本が最下位」になっているそうで、そんな中「日本のクリエイティビティを最高に発揮しているのが「初音ミク」」「初音ミクのパワー源は「技術、ポップ、みんな」の3点だ。」と、初音ミクの考察や希望、「第2、第3の初音ミクをどう生んでいくのか」といった未来について言及しているもよう。興味ある人はチェック…よのさ^^

@IT「中村伊知哉のもういっぺんイってみな!(22):初音ミクと日本のクリエイティビティ」


上記記事のデータ元
ITmedia「「最もクリエイティブな国・都市」は日本・東京 でも日本人は自信がない──Adobe調査」


オマケ
日経トレンディネットにて、「アニメ女子」の数人が、好きなボカロ曲を挙げているそうなのでメモ。

日経トレンディネット「アニメ女子が好きなアニソン・ボカロ曲とは?」
twitterを見る [初音ミク-音楽] 2012/11/21(水) 03:29:26 | ニュース | コメント:7








>「最もクリエイティブな国・都市」は日本・東京 でも日本人は自信がない

クリエイターA 「自信?ありませんよそんなもん!そりゃもうやりたいことだけをやってるってだけで。それに向かって目の前のことをコツコツやっているだけで・・・。」
世界の人々 「(クリエイターAの作品をYoutubeで観る)スゲー・・・」
  1. 2012/11/21(水) 03:56:01 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #3lG8ujI6
  4. [ 編集]

私は「日本のクリエイティビティ」が基より日本人の中に内在するのに、産業がそこに注目して企業の組織を形作ってこれていないということに日本企業の成長が伸び悩んでいる原因があるように思うのです。現在は特にその変化に迫られている時代になっているように思います。
そこで日本の産業界に求めたい事が、特に雇用に関する面でひとつあるのです。雇用の判断において趣味と仕事が分離していることをひとつに問題視すべきと考えます。個人の創造のバイタリティは趣味を含め多様な形で発揮されるのであり、雇用に向けた人物について総合的な創造力に注目することが求められるのだと思います。創造のバイタリティを判断しその力を仕事で活用されたときの可能性を判断するという視点が雇用の判断に必要なのではないでしょうか。趣味でなされる驚くような創造の力が、思わぬきっかけで自社の仕事に結びついたとき、その仕事に趣味で培った創造の経験が活かされていくだろうことは必然です。雇用の判断方法に改善が必要なところと思われます。
同時に企業がそうした人材の力を最大限に仕事に活用できる様にするには、組織の中の意思決定プロセスや社内の部および課の再配置・再編成などについて変革する、「企業」という概念の再組織化(本当の意味での「リストラクチャリング」)が必要な時代に入っていると思われます。新しい企業のあり方に挑戦できる企業が次世代には収益が好調な企業として台頭してくるでしょう。既にそれは国内外の一部の企業で起きています。
おそらく次世代型の企業の概念を備えた企業では、創造力に溢れた人材が一人または少人数単位で自発的に仕事を行い、問題を見つけては解決案を提案し、新規の仕事を見つけてきては会社全体の動きにも影響させる人材が豊富であり、企業の収益はそうした人材から次々に提案される事業で生み出されていくことになるでしょう。意思決定過程もそうした社員の報告を収集しつつ経営者が活動を承認するプロセスになっていくことが考えられます。
私見ですが、日本は江戸時代から商業が盛んでありそれは現在も変わらない産業主体の社会、「産主主義(さんしゅしゅぎ)」の国なのだと考えます。良くも悪くも個人よりも産業が中心となる社会と思います。この産主主義は産業が変われば国のあり方が変わっていく、ということを自明的に示唆しています。産業が変わる、ということは日本においては諸外国よりも大きな社会変革に繋がる要素が大きいものと思います。
  1. 2012/11/21(水) 07:36:17 |
  2. URL |
  3. 産業論担当のミク #1Q0Yt7nI
  4. [ 編集]

なんか"自己評価が低い"とか分析されてるけど、単に謙遜してるだけだよ。
日本は"恥"の文化だし、いちいち自慢するのがみっともない、傲慢だと思うところがあるしね。
  1. 2012/11/21(水) 09:08:36 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

↑そうだよな 俺はなんとも言えんけどなんか感覚的にそう感じたわ
  1. 2012/11/21(水) 09:31:20 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

>世界の人々 「(クリエイターAの作品をYoutubeで観る)スゲー・・・」

2CHとかでさんざんコピペされてるから聞いたことある人多いと思うけど、日本通のオランダ人の話として、(超簡潔に言うと)「日本人はオ◯ニーすることしか考えてなくて、自分だけで気持ち良くなることにかけては卓越している。そして日々、その鍛錬や研究をいとわない。他人(日本人以外の外国)とセッ◯スすろことは全然考えてない。だから時々、外国人の知らないところ、思い付きもしないところで、すんげえ気持ち良さそうなオ◯ニーする輩が現れる。でもいくら超絶気持ちいいオ◯ニーでも、所詮はオ◯ニー(自分が楽しいからやっているだけのこと)だと日本人は思ってるから、見せびらかしたり自慢したり広めたりすることがない。」
  1. 2012/11/21(水) 13:42:24 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

↑例え方オイw

あとは自信が無い、ってのも大きいんじゃないかね
日本って社会が狭いんだよね、枠に嵌ってないといけない、みたいな風潮
ちょっとでも目立つと叩かれるしね(いわゆる「出る杭は打たれる」ってやつ)

周りに合わせてないといけない、って空気があるから(良くも悪くも空気を読んじゃう)引っ込み思案になる→自信を持てない
自分に自信を持ってないから外にアピールをしない、だから自分独りの世界で創造を楽しもうとする

今まではこれでも良かったんだろうけど、グローバル化がここまで進んだ今、この風潮は明らかに時代遅れ
自分からアピール・発信していかないといけない時代になりつつある

そう考えると、ある程度匿名で自分の作品を発信できるネット文化は日本に合ってたのかもね
そういう意味でもミクさんが果たしてる役割は大きいね
  1. 2012/11/21(水) 17:45:48 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

ちょっと人と違う趣味、感性なだけで「オタク」の一言で終わらせる(蔑む)マスコミの罪もあると思う。
  1. 2012/11/21(水) 23:52:42 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


ブログパーツ
PR: アクセストレード無料をモットーに躍進します。