初音ミクみく

VOCALOIDに何気に関連しそうな情報をまったり収集していたアーカイブサイト!

出た!「SXSW 2013」でオープンソースをテーマとした初音ミクのパネル

2013年3月8日~17日(現地時間)にアメリカはオースティン・コンベンションセンターで世界最大の音楽コンベンション「South By South West(SXSW)2013」が開催されるそうだが、情報によれば、そこで「Miku: The Open-Source Girl Who Conquered the World」(世界を制したオープンソースの女の子:MIKU)という初音ミクのパネルが予定されているもよう。すでに、紹介文が翻訳されているそうなので、興味ある人はチェックしてみて^^

togetter「「世界を制したオープンソースの女の子:MIKU」を紹介してみた」
Miku: The Open-Source Girl Who Conquered the World


パネラー
・アレックス・レビット(Alex Leavitt)/南カリフォルニア大学アネンバーグスクール
・タラ・ナイト(Tara Knight)/カリフォルニア大学
・伊藤博之/クリプトンフューチャーメディア
・村木香苗/クリプトンフューチャーメディア

Alex Leavitt氏による紹介ページ
OPEN-SOURCE CULTURE 初音ミクとボーカロイド現象の研究(Alex Leavitt)

参考:ソーシャルコンピューティングシンポジウム2012でのAlex Leavitt氏による「プラットフォームから生態系へ:世界的現象としての初音ミク」というプレゼンテーション
SCS 2012 - Alex Leavitt "From Platforms to Ecosystems: Hatsune Miku as Global Phenomenon"

SXSW FUTURE15 @ALEXLEAVITT(pdf)


South By South West(SXSW)

South by South West ASIA(SXSW)

関連ページ
ピアプロブログに「South by South West 2011(SXSW)」のレポート twitterを見る [初音ミク-音楽] 2012/10/21(日) 00:30:11 | ニュース | コメント:12

なかなか濃い内容のパネルみたいだし
合わせてジャパン・ナイトにも出演してほしいな
  1. 2012/10/21(日) 07:07:07 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

私にはちょっと、ミクとオープンソースが巧く結び付かないんだけど…
オープンカルチャーという意味なら、まだ解るんだけれども。

ソースの部分が、ソースプログラムを指しているのだとすれば、
まずミクさん本体のプログラムがオープンではないし、MMDもそう。
あくまでも、それらの上で公開されているコンテンツに、オープンな
物が多いというだけだと私は考えているんだけど、こういったのも
「オープンソース」の枠に入ってしまうのかな?
  1. 2012/10/21(日) 09:19:49 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

プログラム云々ではなくてミクさんの存在自体が創造的な素材として機能してるって話じゃないかなと妄想してみる
  1. 2012/10/21(日) 10:26:10 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

ピアプロライセンス自体がクリエイティブコモンズ参考で作ってるということで商用ではないとこでは自由につかってよい、という意味合いでいけばオープンソースといっても間違いではないんじゃないかと思う。
  1. 2012/10/21(日) 12:52:16 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

ですから、そういった商用でない限り自由に使えるといった事象は、
オープンライセンスや、フリーライセンスといった呼称が既にあるので、
必ずしもソースプログラムを公開しているわけではないミクさん周辺を
オープン 「ソース」 という肩書きの中に含めていることに、私は一抹の
疑問を感じている次第なのです。

「ソース」を「源流」という意味で用いているのならば、ミクさんもブームの
源流だと言えると思いますが、一般に「オープンソース」という言葉の
意味は、そのプログラムの「ソースリストをオープン」にすることで、
培われている技術を共有しようというのが狙いだったはずでは?
そうじゃないと、CGMもオープンソースということになってしまいますよね?
  1. 2012/10/21(日) 13:38:56 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

「ソース」という言葉にこだわりすぎると、彼らの言いたいことを見誤ると思う。オープンソースソフトウェアの広がり方とミクの広がり方に共通点を見いだして、ああいう題名になったんじゃないかな?

Linuxに代表されるオープンソースソフトウェアは、
「こんなソフト作ってみたから使ってみて。ソースコードも公開するから自由に改造してみて。」
ってことで、みんなでよってたかって改造したり派生ソフト作ったりして広がっていった。

初音ミクのN次創作も
「こんな音楽作ってみたから聞いて/見てみて。元データもあげるから、自由に改造してみて。」
ってことで、みんなでよってたかってアレンジしたり、演奏してみたり、歌ってみたり、絵を描いたり、動画作ったりして広がっていった。
  1. 2012/10/21(日) 14:49:44 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #sqCyeZqA
  4. [ 編集]

どんなに弁護したって「open-source girl」が誤用であることには違いないよ。
オープンソースとミクに共通点があることは認めるけど、だからといってミクをオープンソースと言ったらダメだ。
  1. 2012/10/21(日) 16:51:18 |
  2. URL |
  3. 名無しのにゅうす #-
  4. [ 編集]

↑あなたがダメだって思ってたってほんとにダメならパネリストの伊藤社長がダメ出しするでしょ
なにか意図があってそういうタイトルにしてるんだろうから批判するならパネリストの説明聞いてからにすれば?
  1. 2012/10/21(日) 17:47:33 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

"Open Source"がエリック・レイモンドが提唱して、OSIで明確に定義された用語であることは知ってるし、確かに題名だけ読めば誤用だけど、そこまで頑固に否定せんでも、、、、
紹介文の訳を読む限りでは、やっぱり、ミクが"Open Source"だと主張しているのではなくて、オープンソース界隈の文化と似ていると主張しているみたいだし。
  1. 2012/10/21(日) 18:24:37 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

PDFの資料見てみた。
非営利で二次創作を作ってシェアするのはOKでどんどんやろうぜ!
でも営利目的に使うならルールを守ってねーっていう話でGPLとPCLが説明されてたり。
「ソース」はあんまり気にならないけどミクさんとBRSを並べてFORKってのはちょっとアレだなぁと。どうしてもfork()のイメージに引っ張られて、だからBRSはミクのコピーじゃねーYO!って言いたくなっちゃう。
ちゃんとhuke さんとPixivの説明もしてるからわかってるんだと思うけど。
  1. 2012/10/21(日) 20:00:27 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

それにしてもマジ天使のLatミクさんと、なんか尊師っぽいRMSが並んでるの見るとくらくらするな…
  1. 2012/10/21(日) 20:12:21 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #-
  4. [ 編集]

イベントのパネラーの中には「ミクメンタリー」制作中のタラ・ナイト助教授の名前もありますな。

ところで「オープン・ソース」という言葉、これはもしかすると、もうあちらでは言葉の概念がソフトウェアに限らない捉え方するとかで大きく変化しているのかもしれない。デジタル技術を入れ込んだレゴ・ブロックもオープン・ソース化みたいに言われてるみたいだしね。消費者同士や企業と消費者が協同して開発するものを全てオープンソース的なものと呼ぶのが普通になってきているのかも。
  1. 2012/10/26(金) 09:18:28 |
  2. URL |
  3. どこかのミク #5.J179g6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する