初音ミクみく

VOCALOIDに何気に関連しそうな情報をまったり収集していたアーカイブサイト!

出た!ホームレスが売る雑誌「THE BIG ISSUE JAPAN193号」にボカロP特集

東京、大阪、他を中心に発売されている、ホームレスが売る雑誌「ビッグイシュー日本語版」(月2刊。毎月1日と15日に発刊)の最新号「THE BIG ISSUE JAPAN193号」が2012年6月15日から発売されているそうだが、情報によればそこで「ボカロP特集が行われています。」とのこと。「取り上げられているPはlivetune、家の裏でマンボウが死んでるP、米津玄師の三人です」ということで、読みたい人は月末までにゲット…すべし^^

ビッグイシュー最新号


リレーインタビュー 私の分岐点 女優 藤田 朋子さん

▼INTERNATIONAL
スペシャルインタビュー アンドリュー・ガーフィールド

ストリート・エコノミックス 浜 矩子
ものは言いよう、言葉は使いよう

ノーンギシュの日々 滝田 明日香
マサイマラの雨、道がワニの泳ぐ湖に

WORLD STREET NEWS 世界短信

ドイツでホームレス状態になり、ポーランドへ帰国した男たち

ともに生きよう!東日本 被災地から(27)
障害者を切り捨てないで!賠償請求の学習会、いわき市で開催

原発ウォッチ! 伴 英幸
明るみに出てきた原子力ムラの実態

▼REAL LIFE
特集 エフスタイルの風 ― 若い女性ふたり、地域で起業する
「製造以外で商品が流通するまでに必要なことはすべてやってみる」というデザイナー。危機に瀕する地方のモノづくりの"作り手さん"の"お手伝い"に徹するのは「エフスタイル」の五十嵐恵美さんと星野若菜さんだ。12年前、美大を卒業してすぐ、故郷新潟で、地域産業の作り手と共同で製品を作り始めた。たとえば、犬や猫をモチーフにしたマット、亀田縞のズボンや風呂敷、シナの布のバッグ、銅の行平鍋など。決まったスタイルはもたず、作り手に限りなく寄り添いながら製品を作ってきた。販売商品の一定比率分だけが二人の収入になるという。そんな二人に、「エフスタイルの起業と仕事」、また、作り手の、穗積勇人さん(穂積繊維工業)、立川治秀さん(立川織物)、磯田直貴さん(イソダ器物)に、「エフスタイル」との共同作業についてお話を聞いた。
二人の原点とは何か? 起業や仕事について考える若い人々へ、メッセージを届けたい。

裏方の、ひっそりした仕事、黙々とした作業が好き。
こんなやり方でも仕事はできる、と証明したい
五十嵐恵美さんと星野若菜さんに聞いた「エフスタイル物語」

ただの犬じゃない。技巧から感触へ、現場の感動を形にしたマット
穂積繊維工業 穗積勇人さん

生き残りをかけ、300年の歴史もつ亀田縞を復活
立川織物 立川治秀さん

オリジナルをゼロから一緒につくる。それが一番楽しい
イソダ器物 磯田直貴さん

世界の当事者になる 雨宮 処凛
「原発ゼロ」と素敵な大人たち

自閉症の僕が「生きていく風景」 東田 直樹
こだわりは主張ではない、こだわりが僕をしばっている

▼BACK BEAT
CDレビュー 浅井 博章
まばゆい才能見せる"ボカロP"たち
― livetune、家の裏でマンボウが死んでるP、米津玄師


監督インタビュー 『孤独なツバメたち~デカセギの子どもに生まれて~』中村真夕監督

テレビうらおもて 伊藤 悟
出演者がどんどんかたよっていくテレビ

ひぐらし本暮らし 岡崎 武志
『鞍馬天狗のおじさんは』竹中労

コミック マムアンちゃん ウィスット・ポンニミット

▼TBI CIRCUS
YOUR ISSUE ― あなたのオピニオン

FROM THE STREET ― 街角と販売者
■ホームレス人生相談 どうやって孤独とつき合っていけばいいですか
■コミック エモ!言われん 見なかったことに
■路上から
■今月の人
人気の高い表紙を見せたり、工夫しながら人とふれあっています
FROM EDITORIAL 編集後記

twitter「The Big Issue Japan」
wikipedia「ビッグイシュー」 twitterを見る [初音ミク-音楽] 2012/06/18(月) 08:28:25 | ニュース | コメント:0

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する