初音ミクみく

VOCALOIDに何気に関連しそうな情報をまったり収集していたアーカイブサイト!

「グッチーの今日ドキッ!」で雪ミク倒壊事故の検証がされていたらしい件

情報によれば、2012年2月8日放送のHBC放送「グッチーの今日ドキッ!」という番組で「雪ミク倒壊事故」についての検証が行われていたとのこと。「1週間以上前のなので遅いかもしれませんが」「結構詳しく検証していたのでまとめてみました。」とのことなので、メモ^^

HBC北海道放送「グッチーの今日ドキッ!」


HBCのグッチーの今日ドキッ!(2012年2月8日放送)内の
「堀啓知のホリサーチ」(堀さんは体調不良のため浦本可奈子が代行)で放送


●以下、VTR内コメント
○倒壊事故直後
 実行委員会の担当者:
  「落ちてきたときに出来る限り安全なスペースを確保する事を検討せざるをえない。」
 実行委員会:
  事故後、すべての雪像を緊急点検して、市民雪像4基(この時点では)と
  大雪像の1体を取り壊し。

 雪まつり会場に来ていた観光客・市民の声
  「ショックですよね…」「もったいない 1年に1回の雪まつりで…」
  「せっかく作ったのに…やむを得ないけど残念」「何があったのか 不思議な感じ」
  「残念、でも危険なものは残しておくわけにはいかないし…」
>年代問わず幅広く来ている雪まつり、ご高齢の方もやはり多いようです。
 実行委員会:
  今後の倒壊の可能性のある雪像について監視体制を強化

○Q.取り壊しの基準は?
 実行委員会の滝見 正勝さんによると、
  「取り壊しの基準は、雪像のデザイン・雪質の状態
   をチェックしながら巡回して、その中で判断している。」
  壊れてはいるが倒壊の危険性が無い雪像については補修で対応。
○2月7日(昨日)の最高気温は2.2℃、3月上旬並みの暖かさ(前日は3.3℃)

○倒壊事故前の安全対策の状況
 実行委員会によると、
  市民雪像において、講習会で
  強度の確保の方法などを指導はしているが、
  高さ・雪の量・構造などの安全基準は設けていない。
 実行委員会の滝見 正勝さん:
  「雪像のデザインは多種多様でございます。
   その中でデザイン的に雪だけで支えられないものは
   補強材を使う場合もございますし、
   雪を後ろの方に重ねまして雪の方で補強をした雪像でございました。」
 1962年、横綱大鵬の雪像の髷の部分が壊れた記録はあるが、
 ここ最近では雪像の倒壊事故は無く、けが人が出たのは今回が初めて。
 実行委員会の滝見 正勝さん:
  「事故後は巡回警備をさらに強化して
   万全の体制を整えてまいりたいと思っております。」

●以下、スタジオコメント
グッチーさん(関口 直紀):
 「全国を代表するようなお祭りですから、
  安全基準の方はしっかりしているだろうなと思って皆さんもね、
  見ていますから、こういった事故があるのは本当に残念だと思います。」
竹本 アイラさん(主婦のための情報サイト「MaM CaN」代表):
 「幼稚園とか学校で何年生は必ず雪まつりに行くという行事がある所もあるので、
  親の離れている所で見に行くから楽しみでしょうけれども、
  こういうのが危険というのは心配ですよね。
  ただ、これで安全基準安全基準で来年からすごく芸術的な作品よりも
  どっしりとした安定感のあるものばかりが並ぶのも
  ちょっと寂しいという気もしますね。」
>子供や親御さん目線での見方にも立って言及
>加えて、安全性を求めた結果、自由性を縛ってしまうのではないかという事にも言及
室谷香菜子さん(HBCアナウンサー):
 「異変というのは見られなかったんでしょうかね?」
浦本可奈子さん (HBCアナウンサー):
 「実行委員会では、あの雪像が倒れるという予兆は
  確認していなかったという事なんですよね。」
 「安全管理の問題についてなんですけれども、祭り期間中は実行委員が
  1時間毎に見まわっているという事なんですが、
  異変には気付かなかったという事なんです。」
>表面上は確認出来ても雪内部の見極めが難しいため?

台座の上の雪ミク雪像の足元の部分から通路側に落下して観光客に直撃した。

グッチーさん:
 「いかにも胴体が小さくて頭が大きいのでバランスは悪いだろうなあ。
  やっぱり、暖かさとの戦いなのでね、雪ですから。
  もしかしたら、気温によっては…と思えるようなデザインではありますよね。
  ただその安全基準というものがどれくらいのものなのか…?」
浦本可奈子さん:
 「私もね、取材していて驚いたんですが、講習会で雪の削り方だったりとか、
  雪像の強度を保つ方法などは指導するんですが、
  どんな雪像をどう作るかについては作る人たちに任されているんですよね。」
グッチーさん:
 「例えば、設計図の段階でこれは駄目よ、
  とかこれは良いかもねとか判断も必要でしょうし、補強とかね。」
浦本可奈子さん:
 「原則、どんな物を作っても良いという事なんですけどもね、
  それが雪まつりの雪像作りの楽しさなんでしょうけれどもね。
  この後、4基危険性があるという事で壊されてしまったものがありますから…」
グッチーさん:
 「こういった段階でこうやって壊すという事は、
  作る前の設計図の段階で分かってもいいはずだと思うんですよ。」
浦本可奈子さん:
 「ただ、やっぱり自由な祭り、自由にみんなが作りたいという思いもありますからね。
  そこら辺どこまで強化していくかというのが、
  これからの問題になってはいきそうですよね。」
グッチーさん:
 「それこそ、ぽっかりと何も無い所が出来ちゃったわけで、ちょっとね、
  見に行った方にしてはちょっと寂しいなという思いにはなっちゃうでしょうね。」
浦本可奈子さん:
 「やっぱり歩いている人も、ここに何があったんだろうね、
  っていうように言いながら歩いている人も多かったですからね。」

ここで、倒壊の原因の一つとして、雪まつり期間中とその前後の気温を提示して検証。


浦本可奈子さん:
 「雪まつり、これから週末にかけて人が多くなっていきますからね。
  しっかりと安全対策をしていただきたいと思います。」

グッチーさん:
 「それにしても、本当に、けがをされた方、早く回復していただきたいと願います。」

>お話の通り、お怪我をされた方の一刻も早い回復を願う所です。
>また、来年以降の雪まつりに反映する安全対策と
>雪像作りの自由性とのうまい兼ね合いの程を望む所でもあり、
>雪ミクの今後の動向も気になる所です。
(一部省略)

さっぽろ雪まつり

関連ページ
出た!「第63回 さっぽろ雪まつり」が本日からスタート
公式の「雪ミク」の雪像が倒壊してしまったらしい件
公式の「雪ミク2012」の雪像が11日ごろ復活するらしい件
祝!公式の「雪ミク2012」の雪像が復活!
「真相報道バンキシャ!」が取り上げた「相次ぐ雪の事故」の1つに雪ミクも twitterを見る [初音ミク-音楽] 2012/02/18(土) 12:54:26 | ニュース | コメント:0








コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


ブログパーツ
PR: アクセストレード無料をモットーに躍進します。