初音ミクみく

VOCALOIDに何気に関連しそうな情報をまったり収集していたアーカイブサイト!

出た!「第1回ニコニコ学会βシンポジウム」開催日

本日(2011年12月6日(火))は「第1回ニコニコ学会βシンポジウム」(ニコファーレ)の開催日となっているもよう。伊藤博之氏(クリプトン社)、野尻抱介氏(SF作家)、後藤真孝氏(産業技術総合研究所 上席研究員)、剣持秀紀氏(ヤマハ株式会社 主管技師)らが参席する本イベントは、ニコ生中継も予定されているので、今後の動向を占う意味でも、要注目…でつな^^

第1回ニコニコ学会βシンポジウム

第1回ニコニコ学会βシンポジウム inニコファーレ


【第1回ニコニコ学会βシンポジウム】(プログラム)
正式名称:第1回ニコニコ学会βシンポジウム
日時:2011年12月6日(火)13:00~20:00
主催:ニコニコ研究会
会場:ニコファーレ
   東京都港区六本木7-14-23セントラム六本木ビル地下1F
協賛:株式会社ニワンゴ、 ソネットエンタテインメント株式会社

・開会の挨拶
・江渡浩一郎(ニコニコ研究会委員長・産業技術総合研究所研究員)

・1st session:「作るを作る」 13:00~
本セッションでは、川上量生・ドワンゴ会長と、猪子寿之・チームラボ社長に「作るを作る」と題してお話ししていただきます。お二人が作りだしたドワンゴ、チームラボという集団は、ITベンチャーでありながらその影響力はIT分野にとどまらず、社会や文化にとっても「ほっとけない何か」を作り出し、多くの注目を集めています。本セッションではお二人に、何かを作りたいと考えている人を集め、「作る環境を作る」ことについて、経験と展望を語っていただきます。
・川上量生(株式会社ドワンゴ 会長)
・猪子寿之(チームラボ株式会社 社長)
・江渡浩一郎(産業技術総合研究所研究員):進行

・2nd session:「作るアーキテクチャを作る」 14:00~
コンテンツを作り出し続ける場=仕掛けをどのように作ればいいでしょうか。初音ミクやピアプロを生み出した伊藤博之さん、ニコニコ動画の設計者である戀塚昭彦さん、そして筋金入りのニコ厨・ミク厨であり環境情報研究者の濱野智史さんにより、「作るアーキテクチャを作る」というテーマで、これまでの経験を振り返り、次に向かっての展望を語っていただきます。
・伊藤博之(クリプトン・フューチャー・メディア株式会社 社長)
・戀塚昭彦(株式会社ドワンゴ)
・濱野智史(株式会社日本技芸 リサーチャー):進行

・3rd session:「研究100連発」 15:20~
本セッションでは、インタラクション研究分野で活躍をしている研究者5名に、自身の研究を一人当たり20個発表していただきます。発表していただく100個の研究は、成功したものに限らず、失敗したものやお蔵入りしてしまったものも含まれます。皆さまには最先端のインタラクション研究の成果を見ていただくとともに、その裏にある様々な失敗例も見ていただくことで、そこに詰まった研究の大変さや面白さを感じ取っていただければと思います。
・五十嵐健夫(東京大学 教授)
・宮下芳明(明治大学 准教授)
・中村聡史(京都大学 特定准教授)
・塚田浩二(お茶の水女子大学 特任助教授)
・歴本純一(東京大学 教授)
・橋本直(科学技術振興機構 研究員):進行

・4th session:「未来世紀のピアピア動画」 16:45~
ピアピア動画とは、SF作家・野尻抱介さんの小説の中に登場する、空想上の動画共有サイトです。小説中では、ピアピア動画を通して多くの人々が創造活動に巻き込まれていきます。ネットの登場により、創造活動はより多くの人々が参加可能なものとなりました。ここでいう創造活動とは音楽や動画に限らず、科学技術研究やものづくりも含まれています。未来の創造活動の姿はどのようなものになっているのでしょうか。本セッションでは、ピアピア動画を生みだしたSF作家・野尻抱介さんと、音楽情報処理研究の第一人者である後藤真孝さん、VOCALOIDという画期的なソフトウェアを生みだした剣持秀紀さんにお集まりいただき、未来世紀の創造活動について議論していただきます。
・野尻抱介(SF作家)
・後藤真孝(産業技術総合研究所 上席研究員)
・剣持秀紀(ヤマハ株式会社 主管技師)

・福地健太郎(明治大学 特任准教授):進行

・5th session:「研究してみたマッドネス」 18:05~
本セッションでは、ネット上で活動している野生の研究者の方々に発表していただきます。「能力の無駄遣い」「振り込めない詐欺」「もっと評価されるべき」タグをつけられた野生の研究者の皆さま、ニコファーレのスポットライトの下で 発表してみませんか?発表内容は既に公開済みのものでも結構です。発表者は自薦・他薦ともに先着順で受け付けています。我こそはと思う方、あの方に是非と思う方、どちらもご応募お待ちしております。※応募方法は追って公開します。
・野生の研究者 約30名
・八谷和彦(メディアアーティスト):進行


追記
「第1回ニコニコ学会βシンポジ​ウム inニコファーレ」が実際に開催されたもよう。そのニコ生について「第1回ニコニコ学会βシンポジウムは、様々に広い意味で「アカデミック」な場ですので、「永久」に視聴可能です。」とのことなので、観忘れた人はアクセスしてみて。ちなみに、「猫のきまぐれ」さんが「タイムシフトのチャプターをまとめました。」とのことなので、各コーナーを直接観たい人は利用…かもさ^^

猫のきまぐれ「“第1回ニコニコ学会βシンポジ​ウム inニコファーレ”タイムシフト用チャプターリンク一覧 #ニコニコ学会」

arg#ニコニコ学会 少なくない方々が気にされているタイムシフトの期間ですが、第1回ニコニコ学会βシンポジウムは、様々に広い意味で「アカデミック」な場ですので、「永久」に視聴可能です。link


関連ページ
出た!「第1回ニコニコ学会βシンポジウム」にボカロ関係者が参席 twitterを見る [初音ミク-音楽] 2011/12/06(火) 11:12:08 | ニュース | コメント:0








コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


ブログパーツ
PR: アクセストレード無料をモットーに躍進します。