初音ミクみく

VOCALOIDに何気に関連しそうな情報をまったり収集していたアーカイブサイト!

出た!「鏡音リン・レンAppend」がネットショップに登録!

先日、クリプトン社サイトに「鏡音リン・レン Append」特設サイトが公開され、予約受付をスタートさせていたが、情報によれば、大手ネットショップにも登録されたとのこと。鏡音リンに3種類、鏡音レンに3種類の新しい音声を追加したい人はチェックしてみて。ちなみに、発売日は2010年12月27日となってまつ^^

楽天「鏡音リン・レンAppend」
アマゾン「鏡音リン・レンAppend」

追加される音声DB種類

[RIN:power] 強い意志を感じさせる純粋な力強さ。激しく燃える少女声
得意ジャンル : ロック系全般、ポップス、ダンス、演歌
得意な曲のテンポ : 65?170BPM/得意な音域:F3?B4

[RIN:warm] 微熱を帯びた声色で、温かいぬくもりを感じる少女声
得意ジャンル : ソフトロック、バラード、ポップス、フォーク
得意な曲のテンポ : 60?160BPM/得意な音域 : F3?B4

[RIN:sweet] 優しげな吐息が鼓膜をなでる、甘いウィスパーボイス(♀)
得意ジャンル : ボサノバ、フレンチポップ、アンビエント、エレクトロニカ
得意な曲のテンポ : 55?155BPM/得意な音域 : G3?C5

[LEN:power] 中低音の存在感、ギリッとした高音が象徴的な張り詰めた少年声
得意ジャンル : ロック系全般、ポップス、ダンス、演歌
得意な曲のテンポ : 65?170BPM/得意な音域 : A2?D4

[LEN:cold] ひんやりとした哀愁を漂わせる、やわらかな発音が魅力の少年声
得意ジャンル : ソフトロック、ポップス、フォーク、バラード
得意な曲のテンポ : 60?160BPM/得意な音域 : B2?C4

[LEN:serious] 儚くも情感に溢れた声色。淋しくシリアスに響くウィスパーボイス(♂)
得意ジャンル : ポストロック、サイケ、アンビエント?ダブ、エレクトロニカ
得意な曲のテンポ : 55?155BPM/得意な音域 : A2?C4

クリプトン「鏡音リン・レン Append」(CV02A RIN/LEN APPEND)特設ページ


関連ページ
出た!声の方向性を実験している途中経過の「リンsweet」サンプル音声
出た!「レンAppend soft β試験音声」と「リンAppend Power β試験音声」
「レンAppend moody α試験音声:低音確認用サンプル」が公開された件
出た!「リン・レンAppend試験音声」が正式公開
出た!ピアプロで「鏡音リン・レン Append power」(β版テストサンプル)
出た!「鏡音レンAppend Power β版」のデモサンプル
出た!「鏡音レンAppend Power β版」の新デモサンプル
出た!「鏡音リン・レンAppend Powerβ版」の新デモ&VSQデータ募集
出た!今週も「鏡音リン・レンAppend Powerβ版」の新デモソングが公開
出た!「鏡音リン・レンAppend Sweet β版」のデモソングが公開
出た!「鏡音リン・レンAppend」の「Warm」と「Power」のデモソング
出た!「鏡音レンAppend Cold」のデモソング
「リラックスした天然セクシーボイス」がリンのDBとして加わるかも…な件
出た!「鏡音リン・レン Append」の公式サイト! twitterを見る [初音ミク-音楽] 2010/11/29(月) 23:30:15 | ニュース | コメント:0

クリプトン社がカラオケの著作権使用料を得るための音楽出版事業を開始

このところクリプトン社から、カラオケ問題(JASRAC信託していないと著作権使用料が支払われない問題)を根本的に解決すべく、満を持して「音楽出版事業」に乗り出す旨が告知されていたが、本日いよいよ「VOCALOID音楽クリエイターに著作権使用料を分配する音楽出版事業を開始」というプレスリリースが出されたもよう。それによると、「VOCALOID音楽に関わるすべてのクリエイターが非商用目的であれば自由に楽曲を利用できるようにしたままで、商用利用から得られる著作権使用料をクリエイターに分配いたします。」とのこと。これまでJASRAC等への著作権の信託を躊躇していた人は、再考してみるといい…かもさ^^

Value Press「VOCALOID音楽クリエイターに著作権使用料を分配する音楽出版事業を開始」

プレスリリースタイトル
VOCALOID音楽クリエイターに著作権使用料を分配する音楽出版事業を開始

プレスリリース要約
クリプトン・フューチャー・メディア株式会社は、VOCALOID音楽のクリエイターがカラオケなどの楽曲利用から生じる著作権使用料収入を正当に受けられるための音楽出版事業を開始いたしました。

プレスリリース本文
ニュースリリース
2010年11月29日
クリプトン・フューチャー・メディア株式会社

VOCALOID音楽クリエイターに著作権使用料を分配する音楽出版事業を開始
クリエイターが負担なしに音楽を使えるインターネット時代の著作権管理を実施

VOCALOID合成音声ソフトウェア製品『初音ミク』などの開発・販売を行なうクリプトン・フューチャー・メディア株式会社(本社:札幌市、代表取締役:伊藤 博之、以下「CFM」)は、VOCALOID音楽のクリエイターがカラオケなどの楽曲利用から生じる著作権使用料収入を正当に受けられるための音楽出版事業を開始いたしました。CFMは、従来の他社音楽出版事業では一般的でなかった、クリエイターが自ら手続きを行うなどの負担なしに楽曲を利用できる幅広い余地を残したまま、商用利用による著作権使用料収入を得られる方法により、インターネットメディアで活躍する音楽クリエイターの創作活動を支援します。

音楽業界では、クリエイターが一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)などの著作権管理事業者に楽曲の著作権の管理を委託していなければ、楽曲の利用の対価である著作権使用料の支払いを受けられない場合が数多くあります。
近年では、弊社製品をはじめとするVOCALOID合成音声ソフトウェアを用いた音楽が注目されるようになり、このような「VOCALOID音楽」が音楽業界で利用される機会も増加しています。しかし、楽曲の利用から著作権使用料を得るために著作権管理事業者に著作権の管理を委託すると、クリエイター自身による楽曲の利用が妨げられることがあります。自ら楽曲を利用する機会が多いVOCALOID音楽クリエイターにとって、このことが著作権管理事業者の利用を回避する理由となっています。このため、業務用通信カラオケ等で楽曲がさかんに利用されながら、その対価をまったく得られないVOCALOID音楽クリエイターが数多く存在しています。

CFMでは、この問題に対するVOCALOID音楽クリエイターの意識を調査するため、2010年7月に、楽曲が配信ストアで販売され、または業務用通信カラオケで配信されているVOCALOID音楽クリエイターを対象にアンケートを実施いたしました。その結果、回答をいただきました123名のうち、54%にあたる66名から「自らが自由に楽曲を利用できるかたちで、カラオケなどの楽曲の商用利用によって発生する著作権使用料を得られるようにしたい」という回答を得ました(http://blog.piapro.jp/2010/09/post-397.html)。
このようなVOCALOID音楽クリエイターのご要望におこたえするため、CFMでは「カラオケ、放送、CDレンタル」という商用での楽曲の利用から発生する著作権使用料を、VOCALOID音楽クリエイターに分配するための音楽出版事業を開始いたします。

CFMの音楽出版事業の特長は、クリエイター自身が自己の楽曲を利用できる幅が極めて広いことにあります。クリエイターは自らの楽曲について、非商用の利用であれば手続なしに楽曲を利用でき、また第三者に対して楽曲の利用を許諾することができます。インターネットにおける音楽の利用では、ある楽曲のリスナーが同時にその楽曲を用いたクリエイターとなることが一般的であり、このような「リスナー兼クリエイター」の利益を最大限に考慮した著作権のあり方が求められています。CFMは、VOCALOID音楽に関わるすべてのクリエイターが非商用目的であれば自由に楽曲を利用できるようにしたままで、商用利用から得られる著作権使用料をクリエイターに分配いたします。

CFMでは、楽曲が商用利用された実績のある方々を対象に、著作権管理を希望されるVOCALOID音楽クリエイターを広くお迎えいたします。音楽著作権管理をご希望の方、また興味・関心をお持ちの方からのご連絡・ご質問は、CFM・CGMチームにて、電子メール(piapro@crypton.co.jp)でお受け付けしております。

※音楽出版事業:作家と楽曲ごとに著作権契約を結び、契約した楽曲を著作権管理事業者に届け、著作権管理事業者から著作権使用料を受け取り、作家に分配する著作権の管理業務を基本とする事業です。
※クリエイター意識調査の詳細は別添をご参照ください。
※「VOCALOID」はヤマハ株式会社の登録商標です。


追記
ITmediaに記事がきていたのでメモ。

ITmedia「クリプトン、VOCALOIDクリエイター向け音楽出版事業を開始 自由な利用と対価の両立目指す」

クリエイターはクリプトンと楽曲ごとに著作権契約を結び、クリプトンは、商用(カラオケ、放送、CDレンタル)で楽曲が利用された際に発生する著作権使用料を著作権管理事業者から受け取り、クリエイターに分配する。

追記
twitterにて興味深いやりとりがあったのでメモ。

akami_orihime@itohh 出版事業立ち上げのリリース拝見しました。おめでとうございます。ニュースリリースによると音楽が商用利用された実績があることがそちらの事業にお世話になる条件のように読み解けますが、これはカラオケ入曲1曲目に関しては保護を受けられないという意味でよろしいのでしょうか?link
itohhいいえ、商用利用される目途が立っている楽曲であれば信託可能なので、大丈夫です。@akami_orihime これはカラオケ入曲1曲目に関しては保護を受けられないという意味でよろしいのでしょうか?link

関連ページ
JOYSOUNDでPに使用料が支払われない理由を解説している記事
クリ社がボカロ曲カラオケ化におけるクリエイターへの利益還元に尽力!
カラオケ配信曲の作者への還元方法がまとまったらしい件について
ピアプロ企画班がJOYSOUNDでカラオケ配信中の作者に協力を求めている件
鈴山氏が「カラオケ配信」についてのレポートを掲載したらしい件
JASRAC参加の「二次創作オンラインワークショップ 著作権講座」が配信
本日のニコ生でデッドボールP氏とMOERがJASRACに公開質問
2010年07月30日のニコ生「音楽著作権討論会」の内容をメモしてみた件
デッドボールP氏がJASRACへ部分信託したらしい件→モデルケースに?
JASRACへの信託についての議論に伊藤社長が降臨したらしい件
クリプトン社がカラオケ問題に対し「CGM型音楽出版」に乗り出すらしい件
ピアプロプラスで「音楽著作権管理」開始についての案内が出たらしい件 twitterを見る [初音ミク-音楽] 2010/11/29(月) 18:53:21 | ニュース | コメント:2

出た!「卑怯戦隊うろたんだー」が投稿3周年の日に400万再生を達成

「卑怯戦隊うろたんだー」の投稿日は2007年11月28日となっているが、情報によれば、それからジャスト3年目の2010年11月28日(18:44ごろ)に、見事400万再生を達成したもよう。3年も経過しているのに、卑怯すぐるー! メデタイ!

「卑怯戦隊うろたんだー」をKAITO,MEIKO,初音ミクにry【オリジナル】修正版



関連ページ
祝!「卑怯戦隊うろたんだー」が300万再生突破!
twitterを見る [初音ミク-音楽] 2010/11/29(月) 12:22:56 | ニュース | コメント:0
次のページ
ブログパーツ
PR: アクセストレード無料をモットーに躍進します。

FC2Ad