初音ミクみく

VOCALOIDに何気に関連しそうな情報をまったり収集していたアーカイブサイト!

出た!国際アニメフェア2008で「figma初音ミク」の彩色見本

2008年3月27日(本日)から3月30日まで、東京ビッグサイトで「国際アニメフェア2008」が催されているのだが、そこで「初音ミク」関係のフィギュアが展示されているそうな。初音ミクフィギュアといえば、先日ボークスから発表されたばかりだが、今回の注目株はマックスファクトリーのfigma(フィグマ)

figmaといえば、可動フィギュアでありながら固定ポーズの美しさを実現したシリーズ。「ミカタンブログ」や「アキバHOBBY」さんのサイトに、写真がたくさん掲載されているので、どれほどポーズが決まっているか確かめに行ってみて。

ミカタンブログ「「東京国際アニメフェア2008」へ行って帰ってきたんだよー!(゚д゚)その1」
アキバHOBBY「figma「初音ミク」 サンプルレビュー」


ちなみに、同サイトには「ねんどろいど 初音ミク」のパッケージも掲載されているので、こちらも併せてどうぞ。発売まであとちょっとでつな。^^

アキバHOBBY「初音ミクフィギュア フルラインナップ PVC・ねんどろいど・figma」


なお「figma初音ミク」については、いまのところfigma公式サイトには掲載されてないようだ。まあ、いずれ掲載されると思われ。

figma公式サイト

追記
「萌えよ!アキバ人ブログ」さんのサイトには、グッドスマイルカンパニーが参考出展していた「キャラクター・ボーカル・シリーズ01 初音ミク」の写真が多数掲載。1/8スケールのPVC製塗装済み完成品となっているが、発売日は未定。脇がエロいともっぱらの評判でつ。w

萌えよ!アキバ人ブログ「グッドスマイルカンパニー「キャラクター・ボーカル・シリーズ01 初音ミク」サンプルレビュー」
twitterを見る [初音ミク-音楽] 2008/03/27(木) 22:42:51 | ニュース | コメント:2

Zhuowareさん作の主要ソフトのデータの流れ図がすごすぎの件について

Zhuowareさんといえば、「vsqからリップシンクデータを抽出するツール」を作っているばかりでなく、ほとんどのVOCALOID関係のプログラムに精通しているかた。本サイトでもネタとして何度もお世話になっているし、実際次のページに、それらのツールが一覧としてまとめられていて大変便利だ。

ZHUOWARE「Software Study Notes」

で、そのZhuowareさんがすごすぎの図を作ったらしいというので行ってみた。どんな図かというと、「Vocaloid関連ソフトウェアまとめに出てくる主要ソフトウェアがつくりだすデータの流れ」というもの。つまり、これまでにVOCAOID関連動画で使用されているツールの、データの流れを視覚化した図で、それが次なのだが、なんという複雑さ・・・というか、よく描いたものだと感心でつ。これを全紙に印刷して、壁に貼り付けておいたら、さぞかし便利に違いないよのさ。

本件に関する記事
zhuoware「ソフトウェアまとめ試行錯誤」

次が図
Vocaloid関連ソフトウェアまとめに出てくる主要ソフトウェアがつくりだすデータの流れ
こちらは全体(当然縮小版)

次は上記の四角部分を拡大してみたところ。MikuMIkuDanceやLipSync、RipSyncといったツールへデータの流れが示されている


twitterを見る [初音ミク-音楽] 2008/03/27(木) 20:38:22 | ツールネタ | コメント:1

「歌に形はないけれど」はJASRAC登録せず!また二次使用も許可!

カラオケ配信とCD発売が決定したdoriko氏の楽曲「歌に形はないけれど」だが、全面的にdoriko氏のサポートをしている「Groov note(グルーヴ・ノート)」社が「社長の二言目」を公開。そこには、doriko氏のCD「歌に形はないけれど」が、同人作品扱いになった理由、ボーカロイド楽曲については「JASRAC登録は一切しない方針」であること、ボーカロイド関連曲は「二次創作に使用していただいて結構」であることが記載されている。

Groov note「社長の二言目」

また、同社のBBSでは「二次創作について」という質問が書き込まれており、それについてGroov note社が返答している。そこでは、「歌に形はないけれど」が同人作品扱いになった理由がさらに詳しく解説されていたり、二次使用についてのより具体的な例について答えている。ただ、このあたりは正式なガイドラインが出されれば、よりすっきりしそう。それがない今、ユーザーの不安はなかなか払拭されないようだ。とりあえずは、みんながニコニコできるガイドラインが出てくることを期待。

それにしても、二次利用を認めつつ、ユーザーの創作意欲を阻害することなく、しっかり利益を上げられるビジネスモデルとなりうるのか。そこは興味深いところでつ。

Groov note「BBS」    

本件について「シンバニア」さんが考察をしているのでメモ。

シンヴェニア「groove noteの社長の言い分が個人的にどうしても納得行かない件」


関連ページ
「歌に形はないけれど」のカラオケ配信先はやっぱりJOYSOUND!


追記
Groov note「BBS」で、ユーザーからの鋭い質問が投稿されているようすだ。その中で、「初音ミク」のキャラを使わず、一般CDにしたらよかったのでは? といった質問があり、これは自分的にも疑問だった点。それに対してGroov note社は、その方法もクリプトン社様側に提案したが、それでもある事情で許諾が得られなかったと答えている。いずれにしても、それも含めたガイドラインを作成中のこと。

ちなみに、doriko氏のCDは売れ行き好調のようで、現在は売り切れ(注文不可)。しかし、今週末には第二版が再入荷、来週末には第三版が再入荷されるそうなので、欲しい人は次のページから「通信販売ご利用の方はこちら」(ページ下)をクリックして、通販ページを定期的にチェックしてみて。

とらのあなWebサイト『 歌に形はないけれど 』 twitterを見る [初音ミク-音楽] 2008/03/27(木) 18:10:35 | ニュース | コメント:0
次のページ
ブログパーツ
PR: アクセストレード無料をモットーに躍進します。

FC2Ad