初音ミクみく

VOCALOIDに何気に関連しそうな情報をまったり収集していたアーカイブサイト!

セブンアンドワイの雑誌ランキングでDTMマガジン12月号が1位!

なんと、セブンアンドワイの雑誌ランキングでDTMマガジン12月号が1位になってる。DTM雑誌の中でとか、パソコン雑誌の中でではない。セブンアンドワイで扱っているという前提はあるものの、全雑誌の中でである。

セブンアンドワイの雑誌ランキング


一般的に、第1弾より第2弾のほうが、売れ行きが落ちると考えるのが普通だ。いくら2007年11月号が、ほぼ瞬殺に近い売れ行きだったとしても、さすがに12月号は、そこまでフィーバーしないだろうと考えるのが自然。だがしかし、何事にも例外はある。それは、次のDTMマガジン12月号の内容の一部(セブンアンドワイの掲載を引用)を見れば納得できる。


●DTM対談 『らき☆すた』『涼宮ハルヒの憂鬱』作詞・作曲アニメソング界の黄金コンビ「畑亜貴氏×神前暁氏」
●初音ミクを使いこなす
・初音ミクを使いこなすための連載
・初音ミクの“次”見せます!キャラクター・ボーカル・シリーズ第2弾の正体とは
・初音ミクをうたわせるだけでは満足できない人のための初歩の作曲&オケづくり講座


いま、自分の心に「ストラーイク」の言葉が響いた人手をあげてほしい。はい! らき☆すたはあるわ、初音ミクの妹がついに公開されそうだわ、いますぐ印刷所に押しかけて読みたい感じである。というわけで、もしかするとDTM MAGAZINE 2007年12月号も、かなりの売り上げを達成するのかも。ただ、さすがに出版社のほうもたくさん刷るはずなので、11月号よりは手に入りやすいかとは思うのだけど。

さて、一方のアマゾンにも、「DTM MAGAZINE 2007年 12月号」のページができている。もう25日だけど、予約開始はまだなんだろうか(ま、まだ終わったないよね^^;)。

アマゾンの「DTM MAGAZINE 2007年 12月号」

とりあえず、自分はまたもや近所の本屋さんに予約いれとこかな。w twitterを見る [初音ミク-音楽] 2007/10/25(木) 21:39:58 | ニュース | コメント:0

出た!Webで遊べるミクシーケンサー!

初音ミクニュースさんによれば、「ヤキイモP」氏が、、「ミクシーケンサー」というWeb上で使える初音ミク音声による簡易シーケンサーを発表したそうな。早速触ってみたところ、音符を五線譜に並べて、再生ボタンを押すと「どーれーみー」と再生。これはまごうことなきシーケンサーでつ。しかも、なんと2トラック目まで用意されていて、切り替えるとミクコーラス隊が登場。音符を置くと和音が演奏できるのだからすごすぎる。初音ミクをもってない人も、是非使ってみて。

Bumpyうるしのブログ

↑をクリックするとミクシーケンサー設置ページにジャンプ

追記
残念なことに公開終了してしまったもよう。どんなコンテンツだったのか知りたい人は、次の動画で確認どうぞ。



追記
再び公開されたもよう。しかも軽量化した「ミクシーケンサー ソロ」や、3トラック扱える「ミクシーケンサー トリオ」も増えているでつ。しかも「ミクシケ・コード」という譜面を書き出したり、読み込ませることもできるようだ。おもしろすぎ。

Bumpyうるしのブログ「ミクシーケンサー」 twitterを見る [初音ミク-音楽] 2007/10/25(木) 10:29:08 | 素材ネタ | コメント:0

むちゃくちゃよく動く、アホの子3DミクPV

初音ミクは「アホの子」であるとピンときちゃってる人が最初から多いらしい。

バーチャルアイドル「初音ミク」 異常すぎる人気の秘密 
「アホの子」ブームがやってくる?」の節に注目!

しかし、それをなかなか作品に生かすのは難しく、特に3D作品の一般的な方向「かっこよさ」と、その真逆である「アホの子」を両立させるのは、よほどの演出力が問われるといってもいいだろう。がしかし、ついにそんな3Dみくみく作品が登場。飛んだり跳ねたり、躍動的に動き回る反面、テレビ見ながら足をぽりぽり掻いたり、着地でコケて涙を浮かべたり、タイミングよくアホの子ぶりを発揮。ハート直撃の破壊力!

>3DみくみくPV♪
twitterを見る [初音ミク-音楽] 2007/10/25(木) 08:54:48 | 定点観測 | コメント:0
次のページ
ブログパーツ
PR: アクセストレード無料をモットーに躍進します。